2023年10月17日 10時00分 公開
PR

データベース用ストレージはどう選ぶ? 新人営業マンが知っておくべき要点とは株式会社ネットワールド提供Webキャスト

データベースから生成されたデータを格納するストレージには、データの検索処理を高速化するための高い性能が求められる。多様なストレージが市場にあふれる中、顧客の要望や予算に合った製品を選定するためのポイントを紹介する。

[ITmedia]

 ビジネスに必要なデータを蓄積するデータベースだが、大量のデータから必要な情報を迅速に探し出すには、高速処理が可能なストレージが必要となる。営業担当者は、顧客の要望や予算に合ったストレージを提案しなければならないが、膨大な製品の中からどれを選ぶべきか分からないという声も聞かれる。

 そこで注目したいのが、本動画で紹介する3つのブロックストレージだ。いずれもiSCSI/FCで接続可能な製品だが、1つ目は低コストで導入でき、検証やパフォーマンスを求めない環境での利用を想定している。一方、2つ目はHDD/SSD構成はもちろん、HDDとSDDを組み合わせたハイブリッド構成も可能としており、コスト調整がしやすく、中規模・大規模環境での利用に向いている。

 そして3つ目はハイエンド向けの製品で、SSD構成のみが可能であり、高パフォーマンスを求めるユーザーをターゲットにしている。本動画では、3製品の特長を分かりやすく紹介する。併せて、SAS接続とNVMe接続の違いを明らかにし、高パフォーマンスを実現するにはどちらを選ぶべきかを解説している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.