2023年11月29日 10時00分 公開
PR

クラウドビジネスを最適化、事例に学ぶサブスク型インフラサービスの活用方法デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

顧客のニーズに応えるため、ファイル共有サービスの提供に踏み切った「FRT」。そのサービス基盤としてサブスクリプション型のインフラサービスで利用できるストレージソリューションを採用し、コストや運用面の課題解決につなげている。

[ITmedia]

 沖縄電力グループの一員として、データセンター事業を展開する「FRT」。電力系データセンター事業者として培った安全・安心のノウハウを最大限に活用し、24時間365日、顧客の重要な情報資産を安定的に運用し続けている。

 そんな同社が新たなファイル共有サービスの提供に当たり導入したのが、サブスクリプション型のインフラサービスで利用できるストレージソリューションだ。サービス基盤を新規に構築するとなると、設備投資にかかるコストや導入後の運用管理が大きな負担となるが、同ソリューションであればインフラコストの最適化と運用負荷軽減を同時に実現できる。

 新たなサービスをスモールスタートで立ち上げることに成功し、クラウドビジネスにおいて重要な顧客の需要と設備のキャパシティーにおけるバランスも確保できた同社。本資料ではその取り組みについて担当者の声も交えて解説しているので、実際の使い勝手や得られるメリットなど、その実力を確認してほしい。

インテル® Xeon® Platinum プロセッサー搭載 Dell VxRailがもたらすメリット

 デル・テクノロジーズとVMwareが共同で設計し、あらゆるコンポーネントの最適化と検証を経て出荷されるDell VxRailは、DXを実現する次世代ITインフラに新たなユーザ体験をもたらします。

 データセンターのモダナイゼーションを促進する、ハイブリッドクラウドを導入する、あるいは開発者向けKubernetesプラットフォームを構築するなどの幅広い用途において、Dell VxRailが提供するターンキーエクスペリエンスで、継続的なイノベーションが可能になります。

 Dell VxRailは、極めて高いパフォーマンスと総保有コスト低減のメリットをもたらす
インテル® Xeon® Platinum プロセッサーを搭載。クラウド、5Gエッジ・コンピューティング、人工知能を活用したデータ中心型コンピューティングの新たな時代における多種多様なデータセンター・ワークロードのニーズに対応します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.