価値創出が難しいのはなぜ? 調査で見えたデータ活用の実態と有効活用のヒントデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

データ活用を推進して大きな成果を生み出す企業が出てきた一方、データを有効活用できていないという企業もまだまだ多いのではないだろうか。約200人のビジネスパーソンを対象に行った調査を基に、データ活用の実態を詳しく見ていく。

2023年11月06日 10時00分 公開
[ITmedia]

 DXの実現に向け、データ活用の取り組みが必須となった今。多くの企業がその取り組みを進めている。それにより成果を生み出す企業が増えてきたが、データ活用を価値創出にまではつなげられていない企業が多いのが実情のようだ。

 約200人のビジネスパーソンを対象に行った調査によると、24%が「データを分析し、分析結果から新たな価値創出につなげている」と回答した一方で、「データはあるが、まだ分析のための整備や蓄積ができていない」と回答した企業は44%にも上るという。また、データ活用の目的が明確になったものの、具体的にどのようなツールを活用するかまでは意識が及んでいないことや、データ保護やセキュリティへの関心が低いという実態も調査結果から見えてきた。

 本資料では、同調査の結果を基にデータ活用の実態を確認しながら、データ活用の推進に向けてシステム環境を整備するためのポイントを解説する。さまざまなデータ活用の課題に対応できる製品を紹介しているので、セキュリティやバックアップまでを考えたデータ活用体制を構築する上で役立ててほしい。

インテル® Xeon® Platinum プロセッサー搭載 Dell VxRailがもたらすメリット

 デル・テクノロジーズとVMwareが共同で設計し、あらゆるコンポーネントの最適化と検証を経て出荷されるDell VxRailは、DXを実現する次世代ITインフラに新たなユーザ体験をもたらします。

 データセンターのモダナイゼーションを促進する、ハイブリッドクラウドを導入する、あるいは開発者向けKubernetesプラットフォームを構築するなどの幅広い用途において、Dell VxRailが提供するターンキーエクスペリエンスで、継続的なイノベーションが可能になります。

 Dell VxRailは、極めて高いパフォーマンスと総保有コスト低減のメリットをもたらす
インテル® Xeon® Platinum プロセッサーを搭載。クラウド、5Gエッジ・コンピューティング、人工知能を活用したデータ中心型コンピューティングの新たな時代における多種多様なデータセンター・ワークロードのニーズに対応します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.