ハイブリッドワークやWindows 11への移行を見据えた、PC選定・運用の新手法デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

ハイブリッドワークが主流になりつつある今、PCに求められる要件が変化している。Windows 11搭載PCへの移行を検討する企業も増えているが、情報システム部門の負担を軽減しつつ、効果的なIT投資を実現するにはどうすればよいのか。

2023年11月06日 10時00分 公開
[ITmedia]

 ハイブリッドワークが主流になりつつある今、PCに求められる要件が変化している。持ち運びやWeb会議のしやすさに加え、ハイブリッドワークに適したセキュリティ機能、管理・保守機能へのニーズが高まっている。また昨今では、Windows 11への移行を考える企業も増えてきた。

 しかし、こうしたスペックのPCを情報システム部門の負担を軽減しつつ、適切なタイミングで調達するのは難しい。そこで注目したいのが、PCライフサイクルを全方位的にカバーするサービスだ。デバイスを選定する「計画フェーズ」から、PCを展開する「導入フェーズ」、運用・保守サービスを提供する「運用フェーズ」、不要なデバイスを回収・再資源化する「リサイクルフェーズ」までを丸ごと支援する。

 特に導入フェーズでは、ゼロタッチプロビジョニングで年間1000時間を削減した企業もあるという。本資料では、同サービスの提供内容を1つ1つ詳しく紹介する。Windows 11への移行をチャンスと捉え、本当の意味での新しい働き方を実現するための秘訣も紹介しているので、参考にしてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.