2023年12月12日 10時00分 公開
PR

SSDのメリットを最大限に生かすストレージインフラとは?「SSD」と「HDD」の違いをおさらい

SSDは書き込み寿命に対する不安やコストがHDDと比較して高いことが懸念材料だったが、技術進化によってこれらの課題が解消されつつある。SSDをデータセンターで活用する方法や、HDDと使い分けるときのポイントを説明する。

[ITmedia]

 PCを選ぶときは、SSD搭載モデルを選ぶことが当たり前になった。SSDはHDDよりもデータの読み書きが高速になることや、内部に駆動部品があるHDDと比較して衝撃に強いといった特性があり、特にノートPC用のストレージとして選ばれやすかったと言える。

 一方でデータベースシステムを実行するためのストレージなど、企業の重要なシステムの場合、ユーザー企業がSSD搭載モデルを選ぶことはPCほど急速には進まなかった。ストレージのSSD化が遅れた理由としてしばしば上がるのは、書き込み寿命に不安があることだ。SSDに使われているフラッシュメモリには書き込み回数の上限があるため、記録できなくなる時がいつかやってくる。

 しかしこの弱点はハードウェアとソフトウェアの双方の技術進化によって改善されている。現在のSSDは、企業のストレージとしてどれほど使いやすくなっているのか。本稿は、SSDとHDDの特性を踏まえて最新事情を紹介する。


提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.