2023年12月28日 10時00分 公開
PR

オフィスの電話もハイブリッドワークに対応、既存資産を生かすその刷新方法とは社員をオフィスに縛らない電話環境のあり方

ハイブリッドワークはオフィス設備の刷新を促したが、電話も例外ではない。顧客や社員同士の電話を、場所を問わず応対するため、複数の端末を使う企業もあるが、利便性や管理のしやすさは低下してしまう。どのような環境が望ましいのか。

[ITmedia]

 コロナ禍を経て出社前提の働き方が見直され、勤務時間と場所の制限を取り去るハイブリッドワークが普及した。コロナ禍初期の「非対面で働く」という目的を超えて、ウェルビーイングや生産性の向上が期待されている。多くの業務は、Web会議をはじめとし、ICTによるオンライン化が進んだ。社内に設置するタイプの電話交換機(レガシーPBX)もまた、新たな働き方に適応する必要が生じている。

 オフィスでの電話業務では、その場にいない人への電話の取り次ぎなどで不便が生じる場面も出てきた。さらに、企業によっては固定電話の他に、社用携帯電話や業務専用端末など複数の端末を使い分けていて、この状況は働く場所にかかわらず従業員の利便性を下げるという問題もある。コストを抑えつつ、従来の電話環境から脱却するにはどうすべきか。


提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.