2023年12月27日 10時00分 公開
PR

6分で分かる飲食店の顧客満足度向上策、無線LANによる“攻めの店舗改革”富士通株式会社提供Webキャスト

多くの飲食店が、忙しい時間帯にオーダー業務を円滑にできない、という課題を抱えている。解決策としては無線LAN環境の導入が挙げられるが、その効果はさらなるメリットにもつなげることが可能だ。

[ITmedia]

 飲食業において、忙しい時間帯にオーダー業務が円滑にできていない、という課題を抱えている店舗は少なくない。この課題に対し、有効な解決策となるのが、無線LAN環境の導入だ。テーブルに設置したタブレットからオーダーできる仕組みを構築することで、オーダー業務がデジタル化され、来店客の放置や注文ミスといった事態を回避できる。

 また、この施策に乗じてフリーWi-Fi環境を整備すれば、さらなるメリットも期待できる。顧客が店内で気兼ねなくインターネットを利用できれば、「料理が来るまで子ども向け動画を見せたい」「SNSに店舗の雰囲気や料理を投稿したい」といったニーズにも応えられ、思わぬ広告効果につながることもある。

 ただし、多店舗展開している企業では、無線LANに障害が発生した際の対処に不安を感じるという声もよく聞かれる。その際は、クラウド型集中管理を実現するソリューションを活用することで、リモートでの管理や障害復旧の迅速化も可能になる。本動画では飲食業に焦点を当て、無線LAN環境の導入で得られるメリットや、運用上の課題と解決策について詳しく解説する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.