2024年02月06日 10時00分 公開
PR

DXを加速するNotes移行 いま取り組むべきこれだけの理由モバイル対応やクラウド連携も視野に

「HCL Notes/Domino」の「v9.0.x」と「v10.0.x」のサポート終了が目前に迫っている。これまでNotes/Dominoに蓄積してきたデータ資産を生かしながら既存システムのモダナイゼーションを進める方法を解説する。

[ITmedia]

 30年以上にわたり組織コミュニケーションや業務効率化のために広く利用され続けてきた「HCL Notes/Domino(以下、Notes/Domino)」。その「v9.0.x」と「v10.0.x」が2024年6月1日でサポート終了となる。最新バージョンへのアップデートを視野に入れているユーザーも多いことだろう。

 Notes/Dominoの最新バージョンは現代のビジネス環境に必要なモバイル対応やクラウド連携などの機能が充実し、効率的かつスピーディーなアプリケーション開発が可能だ。今回のバージョンアップは、既存の業務システム全体を見直す良いタイミングとなるかもしれない。

 本稿では、Notes/Dominoに蓄積されたデータ資産を生かしながら既存システムのモダナイゼーションを進める方法を解説する。


提供:株式会社エイチシーエル・ジャパン
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.