「Security-First, AI-Powered Networking」が示す新しいゼロトラストゼロトラ時代のネットワーク&セキュリティの新潮流

社内ネットワーク管理に慣れた情報システム担当者にとって、「モダンなネットワーク環境の導入と適切な運用」と「強固なセキュリティ」を両立させるのが難しい場合もあるだろう。どうすれば両立に向けて踏み出せるだろうか。

2024年06月24日 10時00分 公開
[ITmedia]

 “つながる”ことを目指すネットワークと、リスクを判断して時には“つなげない”ことを目指すことになるセキュリティは見方によっては相反する場合があり、各担当者は日々頭を悩ませているかもしれない。しかし経営層にとってこの2つはもはやないがしろにはできず、双方のいいとこ取りを目指すべきものだ。

 可能な限りリスクを抑えながら、ユーザーやモノに高いパフォーマンスと中断のないアクセスを提供するにはどうすればいいのか。より良いものを顧客に提供する力を持つSB C&Sの遠藤宗正氏(ICT事業本部 技術本部 技術企画室 セキュリティビジネスデベロッパー)と土田貴大氏(ICT事業本部 ネットワーク&セキュリティ推進本部 ゼロトラスト推進室)が、ネットワーク&セキュリティにおける最先端の技術を持つ日本ヒューレット・パッカード(HPE)の奥野木 敦氏(Aruba事業統括本部 事業開発本部 Unified SASEビジネス開発担当)にインタビューする形で、話題のゼロトラストの新潮流を探った。


提供:SB C&S株式会社、日本ヒューレット・パッカード合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.