池澤あやかの「ソフトの次はハードでしょ! コンピュータの今を知れば世界が分かる?」

稼働率99.999%を実現するミッションクリティカルサーバであり、最大896コア/48TBメモリを1つのOSから利用できるスケーラビリティを誇るインテル®Xeon®スケーラブル・プロセッサー*搭載のHPE Superdome Flex。「故障しても無停止」「リアルタイム分析が可能」「最先端分野での活用」について、エンジニアタレントの池澤あやかが次世代型サーバの真相に迫ります。

稼働率99.999%を実現するミッションクリティカルサーバであり、最大896コア/48TBメモリを1つのOSから利用できるスケーラビリティを誇るインテル®Xeon®スケーラブル・プロセッサー*搭載のHPE Superdome Flex。


「故障しても無停止」「リアルタイム分析が可能」「最先端分野での活用」について、エンジニアタレントの池澤あやかが次世代型サーバの真相に迫ります。


池澤あやかの「ソフトの次はハードでしょ!」シリーズ

ビジネスや生活の基盤となるITシステムの停止をどのように防ぐのかは、あらゆる企業や組織にとって重要な課題だ。その解決策として注目される“故障しても停止しない”次世代型サーバの真相にエンジニアタレントの池澤あやかが迫る。

個人の行動記録がデータ化される現在、蓄積データをビジネスに生かすリアルタイムデータ分析のニーズが高まっている。リアルタイムデータ分析がこれまで難しかった理由と、将来の可能性について、タレントの池澤あやかが識者に聞く。

創薬などのライフサイエンス、地震などの災害対策に向けた社会基盤研究、素材と物質研究のマテリアルズインフォマティクスなどにおけるシミュレーションに活用されるハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)。今後も普及が期待されるHPCの現在と未来について、池澤あやかが身近な例を交えて探ります。

関連動画

ハイパフォーマンスコンピューティングで活躍する大規模SMPサーバ。その最前線は、896コア構成のCPUを、1つのOS上で動作させるほどの高速化が実現されているという。研究・開発の新たな可能性を広げる最新サーバの実力を明らかにする。

 インメモリデータベース「SAP HANA」の魅力の1つは、これまで基幹システムのようなSoR(Systems of Record)目的で利用されてきたSAPシステムのデータを、SoE(Systems of Engagement)としてサービスの改善などに気軽に活用できる点にある。一方で、その導入に当たって課題となってきたのがインフラだ。

サーバの可用性や信頼性は、いまやビジネス継続を左右する要件だ。そこで、障害の迅速な検出から、データ収集、分析、自己修復までを可能とした次世代サーバが注目されている。従来のx86サーバと、どのような違いがあるのだろうか。

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2018年6月20日

Copyright© 2019 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー搭載
HPE Superdome Flex

*インテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリーは、「Skylake」マイクロアーキテクチャを採用し、「過去10年間最大規模となるプラットフォームの進化」をもたらす製品です。前世代の製品と比べて平均1.65倍の性能向上を図り、セキュリティをはじめとした各種機能も大幅に強化しています。

Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationまたはその子会社の商標です。