2015年02月16日 10時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

診療記録の価格は約50ドル、電子化が進む米医療機関を狙うサイバー犯罪を防ぐには

医療データの電子化が進む米国では、同時に大量のデータのリスク管理をセキュアかつ効率的に行うことが求められている。診療記録は約50ドルと高値で取引されるなどサイバー犯罪者にとって魅力的な医療データをどのように守っていくべきか。

[ITmedia]

 米国では医療情報技術に関する法律の制定や電子健康記録(Electronic Health Record:EHR)の推進が急速に進み、かつてない量の医療記録が電子化されつつある。EHRの普及は、患者と医療従事者の双方に大きなメリットをもたらす一方で、大量の個人情報データのリスク管理をより効率的に行う必要が生まれた。

 加えて医療現場ではデータへの常時接続やモバイルデバイス利用が進んでいるが、この対応を誤った結果と思われる医療情報の漏えいが増加している。不正請求に利用できるため、診療記録は末端価格で約50ドル(社会保険番号単体は1ドル前後)といわれており、サイバー犯罪者にとって医療データは魅力的だ。

 本資料では、米国の医療機関における情報セキュリティ強化の動向について詳しく紹介したリポートだ。包括的なセキュリティ管理の枠組みの構築や、継続的な監視戦略をはじめとした適切な管理手法を導入することにより、医療情報に関わる特有のリスクを軽減することができる。日本においても医療データの電子化やモバイルデバイスの活用が進みつつあり、参考にしたいリポートになっている。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部

際限なく生まれてくるサイバー脅威を、包括的な対策で、より強固なセキュリティを実現
セキュリティ「7つの課題」と解決策標的型攻撃の実害を防ぎたいゼロデイ攻撃など未知の攻撃にも対処したい不正ログイン/なりすましを根絶したい社内スマホやPCを安全かつ効率的に管理したいセキュリティ対策を進めたいが、社内に人材もノウハウもない最新のセキュリティ動向を把握したい「Windows Server 2003」サポート終了で生じる危険に対処したい