セキュリティ担当者を悩ます「7つの課題」 その解決策を伝授する

不正ログインやゼロデイ攻撃など、企業を襲うサイバー攻撃は止む気配がない。一方、スマートデバイスをはじめITの新たな潮流がもたらす課題も無視できない。多忙なセキュリティ担当者は、こうした課題にどう対処すべきなのか? セキュリティ担当者が今注目すべき7つの課題を取り上げ、その解決に役立つ情報を伝授しよう。

標的型攻撃の実害を防ぎたい

特定組織を狙った標的型攻撃のターゲットは著名な大企業だけではない。中堅・中小企業やときに個人さえもターゲットになる。決して対岸の火事ではない標的型攻撃にどう備えるか。その具体策を示す。

標的型攻撃対策の課題は、攻撃が可視化しづらく対策が後手に回ることだ。ファイアウォールやプロキシのログ解析などから、見えない脅威を解析するサービスを紹介する。

ファイアウォールは侵入防止だけでなく、時代とともにさまざまな機能を搭載し、進化してきた。次世代のファイアウォールに求められている機能、欠かせない機能とはどのようなものだろうか。

ゼロデイ攻撃など未知の攻撃にも対処したい

セキュリティパッチが提供されていない脆弱性を突く「ゼロデイ攻撃」などの未知の攻撃は、シグネチャ依存の従来型マルウェア対策では対処できない。では、どう対処すべきなのか。有効な手段を紹介しよう。

もはやファイアウォールの機能は侵入検知のみにとどまらない。次世代ファイアウォールは、さまざまなセキュリティ機能を1台で提供する統合脅威管理製品に進化した。

不正ログイン/なりすましを根絶したい

不正に取得した正規のアカウント情報のリストを使い、他の会員制Webサイトでログインを試行する「アカウントリスト型攻撃」が増えている。こうした不正ログインやなりすましを防ぐ方法を解説する。

不正アクセス手法が、大手サービスからアカウントとパスワードの組み合わせリストを盗み、他サービスに転用する「リスト型攻撃」にシフトしている。従来型の対策では防げないこの攻撃への対処方法はあるのだろうか?

社内スマホやPCを安全かつ効率的に管理したい

スマートフォンやタブレットを有効活用する企業は急速に増えている。一方、従来のクライアントPCもまだまだ現役だ。こうした多種多様な端末を管理的に管理し、安全に利用できるようにする方法を伝授する。

手作業で行っていた700台以上のクライアントPCの資産管理を一元化し、セキュリティパッチの自動配信でコンプライアンス強化を実現した製品の実力を事例から探る。

クライアントPCのセキュリティ対策は、どの企業にとっても喫緊の課題だ。だが、従来のセキュリティ製品だけでは、“ある深刻なインシデント”に対処できない。そこには重大な落とし穴があるのだ。

セキュリティ対策を進めたいが、社内に人材もノウハウもない

安全かつ安定したIT環境の実現に、セキュリティ対策が重要なことは理解している。だが社内にはセキュリティの人材もノウハウも限られており、有効な対処ができない――。そんな企業の課題を解消する手段を示す。

もはや自社のスキルのみで防御できないセキュリティの脅威への対策は、スペシャリストの知見とノウハウを活用したい。システム保護に加え、セキュリティ対策状況の調査・検証から具体的な対策までサポートする包括的なセキュリティサービスを紹介する。

最新のセキュリティ動向を把握したい

企業が最新の脅威に相対するには、攻撃者の手の内を可能な限り知ることが理想的だ。その近道となるのが、最新のマルウェアや攻撃手法といったセキュリティ動向の把握である。役立つ各種リポートを紹介する。

2014年はSNS、モバイルデバイスが標的となる――デル ソニックウォールの脅威調査チームが2013年のセキュリティ脅威に関するリポートをまとめた。

医療データの電子化が進む米国では、同時に大量のデータのリスク管理をセキュアかつ効率的に行うことが求められている。診療記録は約50ドルと高値で取引されるなどサイバー犯罪者にとって魅力的な医療データをどのように守っていくべきか。

「Windows Server 2003」サポート終了で生じる危険に対処したい

サポート終了が迫るサーバOSの「Windows Server 2003」。アプリケーション対応の理由で刷新をためらう企業も少なくないだろう。移行までの安全性を確保する為の方法を知っておこう。

もはやファイアウォールの機能は侵入検知のみにとどまらない。次世代ファイアウォールは、さまざまなセキュリティ機能を1台で提供する統合脅威管理製品に進化した。

Intel Xeon Inside Intel、インテル、Intelロゴ、Intel Xeon、Intel Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

最新のインテル® Xeon® プロセッサー E5-2600 v3 製品ファミリーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、通信、ストレージ、クラウドなど、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティの面で大きなメリットを提供し、IT 部門の課題解決を支援します。CPUのコア数は最大18コアまで対応し、性能はAVX2により最大90%向上、また、メモリの帯域幅は最大50%拡張しており、CPUコアごとの電力制御も可能です。

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2015年3月31日

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

際限なく生まれてくるサイバー脅威を、包括的な対策で、より強固なセキュリティを実現
セキュリティ「7つの課題」と解決策標的型攻撃の実害を防ぎたいゼロデイ攻撃など未知の攻撃にも対処したい不正ログイン/なりすましを根絶したい社内スマホやPCを安全かつ効率的に管理したいセキュリティ対策を進めたいが、社内に人材もノウハウもない最新のセキュリティ動向を把握したい「Windows Server 2003」サポート終了で生じる危険に対処したい