2015年02月16日 10時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

次世代ファイアウォールに防御とパフォーマンスの両立が欠かせない理由

ファイアウォールは侵入防止だけでなく、時代とともにさまざまな機能を搭載し、進化してきた。次世代のファイアウォールに求められている機能、欠かせない機能とはどのようなものだろうか。

[ITmedia]

 1980年代に利用されていた第1世代のファイアウォールは、ポート、プロトコル、MAC/IPアドレスなどの基準に基づきパケットフィルタリングを提供し、OSIモデルの第2、第 3層で動作するというものだった。第2世代、第3世代では処理能力がさらに向上し、侵入防止、マルウェア検出、ゲートウェイアンチウイルス、トラフィック解析など多彩な機能を備えるようになった。ファイアウォールは、単に侵入を防止するだけでなく、このような機能もあわせて実行する製品へと変わりつつある。次世代ファイアウォールに求められている機能とはどのようなものだろうか。

 本リポートでは、ファイアウォールの歴史を振り返りつつ、次世代ファイアウォールに求められる統合脅威管理機能について説明する。また、今日の企業にとって、防御とパフォーマンスは切り離して考えることはできず、次世代ファイアウォールでもこの両立が求められていると解説。その上で、次世代ファイアウォール「Dell SonicWALL」の機能解説とサードパーティによる検証結果を収録。防御とパフォーマンスを兼ね備えた製品について資料で確認してほしい。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部

際限なく生まれてくるサイバー脅威を、包括的な対策で、より強固なセキュリティを実現
セキュリティ「7つの課題」と解決策標的型攻撃の実害を防ぎたいゼロデイ攻撃など未知の攻撃にも対処したい不正ログイン/なりすましを根絶したい社内スマホやPCを安全かつ効率的に管理したいセキュリティ対策を進めたいが、社内に人材もノウハウもない最新のセキュリティ動向を把握したい「Windows Server 2003」サポート終了で生じる危険に対処したい