2015年06月23日 10時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

ネットワークの進化を着実に進める、「物理ネットワーク改革」とは?

仮想環境運用の障害となるネットワークの課題をクリアするために、ネットワークの仮想化を検討する企業が増えている。しかし、その前に検討すべき課題がある。それは物理ネットワークそのものの進化だ。最初にそのステップを踏むことで、将来の施策の効果をより最大化できる。

[ITmedia]

 仮想環境やクラウド環境の効率的な運用には、ネットワークの改革が欠かせない。業務部門からリソースの提供依頼を受け、サーバ担当者からネットワーク担当者に作業が引き継がれた後、予想外に時間がかかり、想定していた効果が得られないというケースも多い。

 ネットワーク担当者は各レイヤーでの設定や整合性の確認など複数のタスクを消化していくため、サーバ担当者と比べても多くの時間を必要とする。サービス化にかかる時間を短縮するには、これら作業を効率化させるしかない。そこで注目されているのがSDNなどのネットワーク仮想化だ。しかし、この施策も物理ネットワークを最適化しておかなければ期待していた効果が得られないということになる。

 本Webキャストは、基本となる物理ネットワークにイーサネット・ファブリックを導入することで、VMwareやOpenStackなど多様な仮想化製品を使った環境に対応し、ビジネスの俊敏性を最大化させる方法を解説している。ブロケード製品の導入事例も紹介されており、具体的な効果が明確に示されている。

動画を視聴する

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2015年10月29日

【ITヒーローへの道を阻む課題】【ITヒーローになる手段「New IP」とは】【New IPを支える技術】