2015年06月23日 10時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

ビジネスの俊敏性を支える、「データセンターネットワークの自動化」とは?

仮想化、クラウド、エンタープライズモビリティ、ビッグデータ、ソーシャルメディアなどの台頭により、劇的な変化を遂げてきたデータセンター関連のテクノロジーだが、今後もビジネスの俊敏性を支えていくには、さらなる起爆剤が求められている。

[ITmedia]

 データセンターはここ数年、仮想化、クラウド、モバイル、ビッグデータ、ソーシャルなどのテクノロジーによって、大きな変革を実現してきた。データセンターの進化によって、企業のIT部門もこれまでのテクノロジープロバイダーとしての役割から、対応力に優れたコスト効率の高いサービスを迅速に提供する組織へと転換することが求められている。

 迅速な対応という意味では、多くの企業でデータセンターのクラウド化が進められ、リソースやその他のIT環境を自動的に供給する仕組みが取り入れられている。しかし一方で、ネットワークの進化についてはまだ着手されずにいるケースが多い。このため仮想マシンやアプリケーション環境の提供は短時間で準備できるが、ネットワークの設定に時間と労力が取られてしまう事態が生まれている。

 本ホワイトペーパーは、ビジネスの俊敏性を実現する起爆剤としてデータセンターネットワークの自動化を取り上げた、調査会社IDCのリポートである。SDNなどのネットワーク仮想化技術の動向についてはもちろん、期待される具体的な効果や周辺システムへの影響などについても解説している。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2015年10月29日

【ITヒーローへの道を阻む課題】【ITヒーローになる手段「New IP」とは】【New IPを支える技術】