2016年08月12日 10時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

専用ストレージネットワークを検討すべき理由――業務への影響はどれほどか?

モバイル活用やビッグデータ分析などさまざまなアプリケーションの利用が進み、企業システムのワークロードは増加する一方だ。業務の遅延や停滞が顕在化する前に、この問題を解決するため、多くの企業では専用ストレージネットワークの導入が活発になっている。

[ITmedia]

 モバイルデバイスのメッセージング、大量データを利用した分析作業、リッチコンテンツの配信・編集といった新しい仕組みの導入、データ暗号化など、逼迫(ひっぱく)気味のシステムネットワークに、新たなワークロードが日々追加されている。こうした状況から、IT部門ではユーザーの業務遅延や停滞を防ぐ根本的な対策を模索している。

 その有効な対策の1つが、専用ストレージネットワークの導入だ。多くの企業で導入がされており、大量データの分析を始める企業では当初から専用のストレージシステムを導入するケースも多い。また、セルフBIの活用が進み、個別分析に使うデータを専用ストレージネットワークで利用するといったケースも出てきた。

 本ホワイトペーパーは、米調査会社Forrester Consultingによる業務遂行に不可欠なワークロードで利用される、専用ストレージネットワークやSAN戦略についての調査結果である。ユーザーのストレージ環境の課題を浮き彫りにしつつ、専用ストレージネットワークが及ぼす業務への影響について、調査対象企業の声とともに解説している。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2017年2月9日

イベント情報

ブロケードでは各種セミナーおよびイベントを随時開催しています。

お問い合わせ

エンタープライズ・ネットワークの基礎から応用までご案内します。

Brocade Virtual Traffic Manager 体験版
【ストレージ&HCI最前線】【仮想化からSDDCへ:VMware環境最適化】【ソフトウェアで実現:マルチクラウドの世界】