Network for the Digital Transformation: デキるIT担当者必見!最新エンタープライズ・ネットワーク入門 ―大変革期にあるネットワークの世界:企業ITをめぐるトレンドから基礎、最新技術まで

私たちを取り巻く全てのものがデジタル化へと向かう時代──多くの企業は今、お客さまとの接点や体験、そして社員や関係会社との仕事のやり方を再定義し、「デジタル化された世界」を前提として、さらなる競争力強化に注力しようとしている。一方このような変化は、安定したIT環境の提供に比重を置いていた従来の企業ITの役割から、新たなビジネス機会創出や売り上げ貢献に結び付くための攻めのITへの変化を加速させている。しかし、こうした進化の道筋において忘れられがちなもの、それがネットワークだ。
あらゆる人、モノ、場所、デバイスがネットワークにつながる今日。そして、インターネット誕生以来実に20年ぶりとも言える大きな技術革新のただ中にあるネットワークの世界。本サイトでは、一歩先を行くIT担当者が今こそ知っておくべきネットワークのトレンドから基礎、最新技術まで、ストレージ&ハイパーコンバージド・インフラ、VMware環境の最適化によるSDDCの実現、そして仮想ADCを軸としたマルチクラウドの3つのカテゴリにおける具体的なユースケースを交えて紹介する。

Top Story

変化に強いシステム作りの“落とし穴”、その正体とは?
IT部門を成長の原動力に進化させる「たった1つの工夫」

IT部門は最新技術を活用し、業務環境の改善や顧客満足の創出などでビジネスへ貢献することが求められている。だが期待に応えようとするIT部門が見落としがちな“落とし穴”も存在する。その正体と対策を示す。

注目コンテンツ

7つのポイントで理解する
最新エンタープライズ・ネットワーク
(虎の巻)

あらゆるビジネスがデジタル化へのシフトを加速させる中、今大変革期にある「ネットワーク」が果たす役割とは? ビジネス貢献が求められる今どきの情シス担当者が、抑えておくべきエンタープライズ・ネットワークの最新トレンドを一挙解説します。

ストレージ&HCI最前線

[ホワイトペーパー]

ビジネス基盤が第3のプラットフォームへと移行する中、いまだ20年前のアーキテクチャのまま取り残されているのがネットワークだ。今後20年、世の中がさらに大きく変化する中でITニーズに応えていくために今必要なのは、従来の固定的なネットワークからの脱却である。

[インフォグラフィック]

データの増加や第3のプラットフォームへのシフトにより、ネットワークストレージの導入が加速している。しかし、ストレージのタスク実行中に生じるアプリケーション処理速度の低下が、ビジネスに悪影響を与えるケースも多い。課題解決の鍵は、ストレージ設計にある。

[業界レポート]

モバイル活用やビッグデータ分析などさまざまなアプリケーションの利用が進み、企業システムのワークロードは増加する一方だ。業務の遅延や停滞が顕在化する前に、この問題を解決するため、多くの企業では専用ストレージネットワークの導入が活発になっている。

[インフォグラフィック]

ビジネスクリティカルなワークロードが急増していることから、従来のストレージアーキテクチャでは企業の競争力を維持できなくなりつつある。そこで、米調査会社Forrester Consultingの調査を基に、将来に渡る企業の成長を支えるストレージアーキテクチャのメリットを考察する。

[製品情報]

データセンターVDXスイッチは、設定と管理を最大限に簡素化。データセンター・ファブリック・テクノロジが、現在の仮想化およびクラウド環境のニーズを満たす上で重要となる自動化機能を提供する。

[ソリューション情報]

ストレージ・ネットワーキングのベスト・プラクティス・ソリューションは、データセンター内でも、データセンター間でも、以前からそうであるように、ファブリック・ベースの専用ネットワークを構築することにある。

仮想化からSDDCへ:VMware環境最適化

[業界レポート]

イーサネットファブリックは全ての物理パスをアクティブ化させ、布目状に接続された各スイッチが最短経路を自動判断する。ネットワーク仮想化、クラウドコンピューティングを強力にサポートするこの技術を起点として、現状のネットワークの再評価が求められている。

[動画]

10年前とは比較にならないほどサーバ性能は向上し、サーバ仮想化も当たり前に行われるようになった。しかし、その流れの中で「ネットワーク」だけが取り残されてしまった。そこで、サーバ仮想化環境に最適なネットワークについて、具体的に検討する。

[動画]

マニュアル作業中心で制御と管理が行われてきた従来のネットワークでは、俊敏性とコスト効率に課題を抱えるようになり始めている。そこで、SDNやNFVに向けた基盤を構築しながら、ネットワーク運営コストを従来の半分にする手法が脚光を浴びている。

[ホワイトペーパー]

必要なときにすぐに提供されるアプリケーションと、時間や場所を問わずアクセスできるIT環境を求めるユーザーは増加する一方だ。こうした要求に応えるため、近年、ソフトウェア定義のデータセンターへと移行が進んでいる。

[ソリューションブリーフ]

今後1年のうちに発生すると想定されるビジネス要件への準備はできているだろうか。柔軟性、セキュリティ、自動化は常に重要事項である一方、現在のネットワーク性能が将来のビジネス要件に見合うかどうか、評価が必要だ。

[製品情報]

データセンターVDXスイッチは、設定と管理を最大限に簡素化。データセンター・ファブリック・テクノロジが、現在の仮想化およびクラウド環境のニーズを満たす上で重要となる自動化機能を提供する。

[ソリューション情報]

グローバル・アライアンス・パートナーシップを通じて、高度に最適化および統合化されたインテリジェント・ネットワーキング・サービスが提供される。

ソフトウェアで実現:マルチクラウドの世界

[業界レポート]

多数の拠点を持つ企業では、アプリケーション配信を支えるADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)が重要だ。既存のハードウェアベースADCから、マルチテナントのサービスとして提供できる最新ADCに置き換えることで、多くのメリットが期待できる。

[動画]

ライセンスの統合管理を行うService Directorで、Virtual Traffic Managerへの帯域・機能ライセンスの付与、変更を自在に割り当て可能に。

[事例]

今やビジネスの生命線となったオンラインサービス。コスト削減要求や迅速なサービス化などその課題は多い。こうした中、ソフトウェアロードバランサ導入でこれらさまざまな課題に一挙に対処する企業が増えつつある。

[製品情報]

『無償評価版』から始められる仮想アプリケーションデリバリーコントローラー。物理/仮想データセンターからパブリック/ハイブリッドクラウドまで幅広い環境で短期間で構築可能。

[製品情報]

高速で信頼性と安全性の高いオンライン・サービスを実現し、あらゆる環境で実行されているアプリケーションを最適化、高可用性とROIの向上を実現する。

提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2017年5月9日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

イベント情報

ブロケードでは各種セミナーおよびイベントを随時開催しています。

お問い合わせ

エンタープライズ・ネットワークの基礎から応用までご案内します。

Brocade Virtual Traffic Manager 体験版
【ストレージ&HCI最前線】【仮想化からSDDCへ:VMware環境最適化】【ソフトウェアで実現:マルチクラウドの世界】