2015年06月29日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

アイティメディアの情シスが検証 仮想デスクトップ構築はどれだけ楽になる?

仮想デスクトップ基盤(VDI)の構築には設計や検証だけでも多くの時間や工数を必要とするが、そうした手間を軽減するソリューションが提供され始めた。実際にどれだけ導入が楽になるか、アイティメディア管理本部情報システム部の石野博之が検証した。

[ITmedia]

 今、企業ではセキュリティ対策の強化やワークスタイル変革などを目的に、仮想デスクトップ基盤(VDI)の導入が本格化している。だが、VDI構築には多くの手間が必要だ。この課題を解決すべく日立製作所は「UCPかんたんVDIモデル」を提供している。

 UCPかんたんVDIモデルは、推奨構成・検証済みのオールインワンのソリューションである。実際にVDI構築がどれほど容易になるのか。アイティメディア管理本部情報システム部の石野博之に検証してもらった。

 導入では事前のヒアリングを基に工場で推奨構成と検証が行われたシステムが納入される。開梱して電源オンから追加設定を行い、担当者による説明も含めてもたったの3時間だ。

 このように検証では通常なら数日を要する作業を大幅に短縮できることが分かった。本コンテンツでは実際にその様子をご紹介してみたい。

ホワイトペーパーをダウンロードする

提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2015年9月10日

【導入メリット】【支えるIT技術】【実践している企業事例】