デスクトップ仮想化が実現する 次世代ワークスタイルのススメ

生産性向上や事業継続など、さまざまなメリットが注目されているデスクトップ仮想化。場所・時間を問わず、仕事ができるとあって、柔軟で新しい働き方が期待できる。そして昨今、このデスクトップ仮想化の導入が広がりつつある。“次世代ワークスタイル”を実現している企業の取り組みとそれらを支援するデスクトップ仮想化のソリューションを見てみよう。

Topic


導入メリット

社内のワークスタイル変革として検討される「デスクトップ仮想化(VDI)」。いろいろな実現方法があるが、コストや運用管理などを考えた場合の最適な選択肢について考える。

ITを活用すれば、容易に時間や場所の壁を超えることができる時代にもかかわらず、企業の従業員は相変わらず社内の机の前に座っていなければならないのはなぜなのか。職場外労働のなかでも難しさを指摘する声の多い在宅勤務について、普及を妨げる壁はどこにあるのかを探る。

少子高齢化による労働人口減少が顕在化しつつある日本では、人財リスク対策として、ワークタイル変革が企業にとって喫緊の経営課題となっている。課題解決に向けたヒントとして、具体的な取り組みを紹介する。

ワークライフバランス向上やBCP対策を目的に、従来のオフィス中心の働き方から新たな働き方へ変化する企業が増えている。社員の半数以上がリモートワークで成功を収めている企業に、働き方改革の極意を聞いた。

サテライトオフィスや在宅勤務の他、働き方に関するユニークな施策を多数打ち出しているSansan。これらの「働き方革新」における課題とその解決策を、同社の推進役である角川氏に聞いた。

私物端末の業務利用(BYOD)におけるセキュリティ対策として、デスクトップ仮想化(VDI)はどの程度の効果を発揮するのだろうか? また、iPadはVDIクライアントとしてデスクトップ端末に取って代わる存在になり得るのか。事例とともに残る課題を考えた。

仮想デスクトップ基盤(VDI)の構築には設計や検証だけでも多くの時間や工数を必要とするが、そうした手間を軽減するソリューションが提供され始めた。実際にどれだけ導入が楽になるか、アイティメディア管理本部情報システム部の石野博之が検証した。

従業員のデスクトップを一元管理できるデスクトップ仮想化インフラ(VDI)は、運用管理やビジネス支援の課題解決に役立つ。一方でVDIは、初期投資が高いともいわれている。だが、導入規模や管理方式など、工夫次第で投資対効果(ROI)を高めることができる。

支えるIT

デスクトップ仮想化とサーバ仮想化は種類が異なる仮想化だ。これらの違いを知らなければVDI導入に失敗する恐れがある。

仮想デスクトップインフラ(VDI)の普及が進んでいるが、ストレージが原因でVDIプロジェクトが失敗に終わることもある。代表的な5つのパターンとその解決策を紹介する。

VDI導入では適切なハードウェアを選ぶことが不可欠だが、これは必ずしも難しいことではない。まず、使用するVDIソフトウェアに対応するコンポーネントのリストをベンダーが持っているかを確認することだ。

場所や時間に制約されずに、業務に最適な機器でシステム接続するためのクライアント仮想化のニーズは高まる一方である。そのツール選びにおいて、ユーザーの利便性、管理の容易性といった観点から、導入検討のポイントを明らかにする。

デスクトップ仮想化には、VDIに代表されるようにさまざまな方式がある。自社要件に合った方式を選択するために、管理性、カスタマイズ性、価格、接続性などに着目して、各仮想方式の仕組みを理解しよう。

仮想デスクトップ環境にはその仕組みから、高い信頼性と可用性を欠くことができない。では、その実現手法とは?

VDIに不慣れな企業にとって、事前検証は導入に当たって非常に重要だ。では、どこをポイントに確認すべきか。その手法と検証に活用を見込めるソリューションを解説する。

通常のHDD付きPCとVDIの導入・運用コストの内訳を比較し、VDI導入がどうしても高コストになってしまう理由を解説。「VDI+シンクライアント」を低コストで導入するためのさまざまな方法を紹介する。

実践している企業事例

大学の情報システムについての課題は、一般企業とも共通点が多い。250台のデスクトップ仮想化やアプリケーション仮想化に成功した豊橋技術科学大学の導入事例を詳しく紹介する。

デスクトップ仮想化の市場ニーズの高まりに先行する形で、日立製作所では既に足かけ10年の長きにわたりデスクトップ仮想化に取り組んできた。国内最大規模の約8万ユーザーという規模のデスクトップ仮想化環境はどのように構築・運用されているのだろうか。

総合研究大学院大学は、全国18の大学共同利用機関法人が連携する大学院だけの大学だ。全国に散在するキャンパスの広域学内ICT基盤の再構築に当たり、同学ではプライベートクラウドを構築し、データセンターの仮想化に取り組んだ。

多くの企業が仮想化を活用して新たなサービスを展開している。TCO削減だけではない、ビジネスを活性化させるための仮想化とは。ネットワーク仮想化(SDN)やデスクトップ仮想化(VDI)など、4つのユーザー事例を紹介する。

提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2016年9月30日

Copyright© 2020 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

【導入メリット】【支えるIT】【実践している企業事例】