業務継続に効く、コストを掛けない ビジネスを加速する仮想化活用の新常識

※各コンテンツの内容は掲載当時のものです。一部情報が古いものもございますが、ご了承ください。

最新記事Pick Up!

サイロ化したシステムをいかに統合するか

社内システムへの仮想化の適用範囲を広げていくと、多くの企業が必ずぶつかる壁がある。本稿では仮想化環境へのシステム統合の課題を整理するとともに、その確実・効率的な解決策を探る。

(2013/1/15)
仮想化とIAサーバのトップベンダーがタッグを組んで実現!

「サーバ台数が少ないと導入効果も低いのでは」といった理由で仮想化の導入をためらう中小企業が多い。だが仮想化は中小企業にこそ効く。仮想化ソフトとIAサーバのトップペンダーがタッグを組んでそれを実証する。

(2012/12/17)

「業務継続に効く」仮想化環境構築のコツ

すでに活用が始まっている基幹システムの仮想化

多くの企業は、サーバ仮想化を活用し、ITインフラの全社最適化を進めている。その際に重要なのは、基幹システムをどう全社IT基盤へ載せていくかという点だ。ITの全体的な効率向上や運用性向上のためには、基幹システムを含めて、すべてのシステムを全社IT基盤に集約したい。しかし、基幹システムの可用性についていささかでも妥協することは許されない。このジレンマを解決する方法を、NECとヴイエムウェアは知っている。

(2011/08/08)
災害、システム障害からビジネスを守る

自然災害やシステム障害から、ビジネスを支えるシステムを守るクラスタシステム。信頼性や高可用性の実現には定評があるが「難しい」「高コストでは」との指摘もある。本当はどうなのか。真実を明らかにする。

(2012/11/30)
製品リポート:NEC CLUSTERPRO X

ほとんどの企業は何らかかのシステム障害対策を行っている。しかし、その対策は本当に有効だろうか。複数あるシステム障害対策の基本とメリット/デメリットをお伝えする。

(2012/07/20)

「コスト削減に効く」仮想化導入のポイント

規模が小さくてもサーバ仮想化は当たり前

中堅・中小企業に強力な販売網を持つNECは現在、ヴイエムウェアのVMware vSphereを使った中堅企業のITプラットフォーム最適化に力を入れている。なぜ、高価だといわれるヴイエムウェアの製品を使っているのだろうか。そもそも、規模の小さなシステムでサーバ仮想化は本当にメリットがあるのだろうか。

(2010/11/15)

提供:日本電気株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2013年4月13日

Copyright© 2021 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.