検索
特集/連載

次期「iOS 8」登場で困り顔のショップが続出する訳MACアドレスを使ったWi-Fi位置情報サービスに制限

米Appleの「iPhone」「iPad」に搭載されるOS「iOS 8」ではデバイスのMACアドレス取得を制限する機能が追加される。Wi-Fi位置情報サービスを販促に利用するショップなどに影響を与えそうだ。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

関連キーワード

Apple | Wi-Fi | iPad | iOS | iPhone


 米Appleの「iPhone」と「iPad」に搭載される次期OS「iOS 8」では、ワイヤレス通信のプライバシー保護を目的とした「MACアドレススプーフィング機能」が追加される。この機能は、多くのコンシューマーを対象とした企業が使用しているWi-Fi位置情報サービスにマイナスの影響を及ぼす可能性がある。

 コンシューマーを対象にビジネスを展開している多くの企業は、エンドユーザーの利便性を向上し、利益を生み出す目的でWi-Fi位置情報サービスを活用している。だが、位置情報サービスではワイヤレス通信のプライバシーが疑問視されている。このような懸念は、企業が顧客に情報を配信できるかどうかという問題に発展する恐れがある。対象となるのは、販売促進、クーポン、説明などの情報だ。

iPhone、iPadの追跡に制限

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る