2009年05月20日 00時00分 UPDATE
インフォメーション

TechTargetジャパン 会員調査【お知らせ】「緊急調査:2009年度IT関連予算の実態に関するアンケート調査」結果リポート

TechTargetジャパンでは、アンケートを通じてユーザー系企業の情報システム部門課長職以上の会員に対し、2009年度IT関連予算の実態に関する調査を実施しました。調査結果から、2009年度のIT関連予算をどの分野から削減し、どの分野に注力していくのか、また、今後活用したいテクノロジーやITトレンドなどが明らかになりました。

[ITmedia]

2009年度IT関連予算の実態に関するアンケート調査

調査概要
目的 TechTargetジャパン会員の2009年度IT関連予算の実態を調査するため
方法 Webによるアンケート
調査対象 TechTargetジャパン会員のうち、ユーザー系企業の課長クラス以上
調査期間 2009年4月22日〜4月28日
有効回答数 116件
資料のファイル形式 PDF
資料のページ数 43ページ

調査結果リポート概要

―目次―
3ページ 調査概要
4ページ 総括
5〜6ページ 回答者属性
7〜8ページ 全社的な経費削減、IT関連予算の削減状況
9〜11ページ IT関連総予算の削減率
12〜15ページ 最も予算を削減するIT・業務分野
16〜21ページ より具体的な削減対象
22〜28ページ 今期(2009年度)注力するIT分野および課題
29〜34ページ 今後活用したいテクノロジー・ITトレンド
35〜39ページ 景気減速による最も大きなインパクト
40〜42ページ 経営陣からIT部門への期待度

TechTargetジャパン会員の方は、メンバーシップにログインした状態で[資料ダウンロード]をクリックすると、調査リポート(PDFファイル)をダウンロードすることができます。
TechTargetジャパン会員でない方は、会員登録(無料)してからダウンロードしてください。