実践DevOps──スピードと信頼性を両立するソフトウェア開発

 ソフトウェアがビジネスをけん引する時代が来ている。目まぐるしく変化する市場で勝ち抜くために、自社のソフトウェア開発の現場では「市場の求めるものを」「市場の求めるスピードで」提供できているだろうか? また、エンタープライズの世界で求められる高い信頼性を担保できているだろうか? これらを実現する鍵が“DevOps”だ。
 当サイトでは、DevOpsとは何か、どのような効果があるのか、といった基礎知識をはじめ、先進企業の実践例やベストプラクティスを集約している。市場の求める開発スピードと信頼性をいかにして両立するか? 当サイトでDevOpsの真価を理解することで、ソフトウェア開発の現場は劇的に変わるだろう。

ホットトピックス

DevOpsを機能させる「シフト・レフト」の概念とは? 4つのポイントで解説
ビジネスのスピード向上に対応するために開発と運用が連携して開発を進める「DevOps」。短期間での開発を成功させるためのインフラやツール、ルールや人の役割の変化とは何か、DevOpsの機能や導入のためのノウハウを解説する。

国内最大級の無線LANスポット提供企業に聞くDevOps実践、ツール選びで何を重視した?
公衆無線LANサービスで国内最大級のスポット数を持つワイヤ・アンド・ワイヤレス。同社はサービス開発・運用におけるドキュメント整備や業務プロセスの標準化といった課題を解決するために、何を重視してツール導入に踏み切ったのか?

DevOpsの基本を知る

DevOps全般

ビジネスのスピード向上に対応するために開発と運用が連携して開発を進める「DevOps」。短期間での開発を成功させるためのインフラやツール、ルールや人の役割の変化とは何か、DevOpsの機能や導入のためのノウハウを解説する。

(2015/8/28)
デプロイ

DevOpsで求められる正確でスピーディなリリースとデプロイを行うには、自動化が欠かせない。だが、こと本番環境となるとさまざまな制約により、人手による実施が大半である。制約を乗り越え、リリースを自動化するメリットを解説する。

(2014/10/17)
テスト

DevOpsにおいて品質を重視しながら効率的にテストを進めるためのポイントと、実現する具体的な方法を解説する。

(2014/7/16)
テスト

複雑で高性能なアプリケーションをより速くリリースするには「サービス仮想化」でテスト環境を強化するのが効果的だ。本資料は、サービス仮想化の基本的な考え方から、実際に仮想コンポーネントを稼働させる方法させるまで、成功のポイントを交えて解説したガイドブックだ。

(2014/9/29)
DevOps全般

市場の求めるスピードとニーズに対応するためにDevOpsは有効だが、単純に開発部門と運用部門を連携させるだけでは効果は見込めない。日本のSIの現状を踏まえた実現策を検討する必要がある。

(2014/5/23)
テスト

DevOpsにおいて品質を重視しながら効率的にテストを進めるためのポイントと、実現する具体的な方法を解説する。

(2014/5/23)
DevOps全般

企業が競争力を向上させるために、今後必須と考えられている「DevOps」。しかし開発と運用が緊密に連携することは決して容易ではなく、またDevOpsの精神が必要なのはその2チームだけにとどまらない。企業がDevOpsを実践するために、どんなステップが必要となるのか。

(2013/10/2)
DevOps全般

DevOpsの進化を見てきた者が語る、DevOpsの魅力とは。ビジネスの成長のカギともなるDevOpsというコンセプトの始まり。

(2013/10/28)
DevOps全般

ソフトウェアデリバリーの迅速化のためには、タスクの自動化や世界中に分散した開発メンバーのリアルタイムコラボレーションなどを実現するための、アプリケーションライフサイクル管理(ALM)が不可欠だ。効果的なALMを実施するための原則とは。

(2013/10/28)
DevOps全般

DevOps導入はツールだけでは実現できない。UrbanCodeの豊富な経験から先進事例を紹介する。

(2013/10/28)
DevOps全般

IBMのDevOpsはソフトウェア・ライフサイクル全体の最適化と迅速化として捉え、IBMならではの充実した製品ラインアップを活用し、新たなビジネス価値を生み出す。

(2013/10/28)

DevOps実践のヒント

事例

公衆無線LANサービスで国内最大級のスポット数を持つワイヤ・アンド・ワイヤレス。同社はサービス開発・運用におけるドキュメント整備や業務プロセスの標準化といった課題を解決するために、何を重視してツール導入に踏み切ったのか?

(2015/6/17)
アジャイル

開発スピードの高速化が求められる今、大規模開発プロジェクトにおいてもアジャイル適用の検討が始まっている。エンタープライズならではのさまざまな制約の中でいかにアジャイルの知見やノウハウを取り込むか。その方法を探る。

(2014/10/17)
テスト

昨今の複雑化したアプリケーションのテストを効率的に進め、QCD(品質、コスト、納期)を全て実現する方法とは?

(2014/10/17)
デプロイ

多くのエンタープライズ企業でDevOpsが浸透しないのは、組織のサイロ化が原因だ。サイロ化を解消し、スムーズで効率的なリリース作業を進める取り組みを見ていこう。

(2014/7/16)
モバイル

今日、高品質なモバイルアプリとは、バグのないアプリではなくユーザーが星5つの評価を付けるアプリを指すようになった。ユーザー視点で品質を捉え、開発を行うために、今何をすべきなのか。

(2014/7/14)
事例

中部電力グループのITサービスを支える中電シーティーアイは、アジャイル開発実践のためにフレームワークとDevOps実践ツールを活用した。開発工数や障害発生件数の削減など、同社で実測された導入効果を担当者に聞く。7/3(木)にワークショップを開催する、大規模アジャイル開発体系のベストプラクティス“ディシプリンド・アジャイル・デリバリー”(DAD)の実践例としても注目だ。

(2014/5/7)
事例

Webの顧客窓口やITサービスなど、ビジネス成長をテクノロジーに大きく依存している企業にとって、アジャイル開発への移行とDevOpsの実践は急務だ。米保険・金融サービス企業の事例から、DevOps実践ツールの導入効果を探る。

(2014/5/7)
デプロイ

多くのエンタープライズ企業でDevOpsが浸透しないのは、組織のサイロ化が原因だ。サイロ化を解消し、スムーズで効率的なリリース作業を進める取り組みを見ていこう。

(2014/5/23)
モバイル

モバイルアプリは、新OSやデバイズに対応するため、リリース後も継続的なバージョンアップの必要がある。リリース後もアプリの価値を継続して提供していく仕組みを紹介しよう。

(2014/5/23)
事例

アジャイル手法のメリットを最大限に活用しつつ、大規模ソフトウェア開発を成功に導く。

(2013/10/28)
アジャイル

市場のニーズを反映したものを、市場の求めるスピードで提供するDevOpsにとって、アジャイル開発手法は重要な要素だ。しかし企業がアジャイルを取り入れるには、成熟したアジャイルのアプローチが必要だ。その違いは具体的にはどんなものか。

(2013/10/28)
デプロイ

ソフトウェアデプロイメントの自動化に投資することで、どれほどの効果が得られるか? エンジニアのコストを挙げながら投資対効果(ROI)を具体的な金額で算出。リリース作業の合理化による価値を示す。

(2013/10/28)
事例

サービス指向アーキテクチャ(SOA)アプリケーションのテストは、いまだに手探りの部分が多い。品質の問題はプロジェクトの設計から実装までの各段階で考慮する必要がある。事例を交えながら、SOAのテストで考慮すべき8つの教訓を解説する。

(2013/10/28)
テスト

サービス指向アーキテクチャ(SOA)で構築すたシステム環境のテストは簡単な作業ではない。TIBCOソフトウェアで構築された分散型システムを例に、テスト自動化ソリューションの導入効果を解説する。

(2013/10/28)
計画

「このIT投資は適正であり、今後も投資対象となりえるのか?」アプリケーション・ポートフォリオ管理はこの判断を適正に行うためのアプローチとなる。より戦略的なIT投資とリスク軽減を実現する「アプリケーション・ポートフォリオ管理」とは何か、詳しく紹介する。

(2013/10/28)
DevOps全般

継続的インテグレーションの目的は迅速に問題を発見することである。継続的インテグレーションは生産性と品質を向上する。

(2013/10/28)
デプロイ

開発側と運用側に同じツールとプロセスを適用することで手動によるミスを防ぎ、これまで開発と運用との間にあった“見えない壁”というボトルネックを取り払う。

(2013/10/28)

DevOpsソリューション

事例

ビジネス成功の鍵は、市場にどれだけ速やかに品質の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのためにはテクノロジーの中核となる、ソフトウェアデリバリーの加速がますます必要となってきている。しかし、その実現は容易ではない。

(2015/10/23)
事例

米国のエネルギー関連企業NuScale Power, LLCは、原子力発電所の設計においてトレーサビリティを確実にすることにより、ライセンス条件と法的要件準拠を示すことができた。「要求管理」は、原子力発電所の安全性にどのように寄与しているのか?

(2014/8/6)
要求

ソフトウェア開発の現場において、不適切な要求管理がプロジェクト失敗の大きな要因の1つとなりかねない。効率的で正確な要求管理を行い、リスク削減に役立つ、要求管理機能を備えたツールとはどのようなものか? 主要な5つの利点を解説する。

(2014/8/6)
テスト

モバイル・アプリケーションの増加で開発サイクルが短期化する傾向により、テストのサイクルも短時間で効果的なものとする必要性が生じている。テスト仮想化/自動化ソリューションは、まさにDevOpsに求められる変化とスピードに対応したソフトウェア・デリバリーを実現する。

(2013/10/28)
デプロイ

複雑化するアプリケーションのテスト環境、本番環境へのデプロイを自動化し、確実で迅速なデリバリーを実現する。自動化プロセスはノンプログラミングで簡単に定義することができる。また、品質ゲートによるテスト漏れの見逃しなど、ミスも防止も可能だ。

(2013/10/28)
デプロイ

膨大な数のアプリケーションのリリース、そろそろ人手による管理に限界を感じていないだろうか?IBM UrbanCode Releaseはリリースの管理および調整を行い、間違いが発生しやすく、整理されていないリリース計画を合理的なリリース・イベントに変革する。

(2013/10/28)
モバイル

加速するモバイル・アプリケーションへのニーズに、複雑化するテスト環境。テスト自動化がどのようにテストの効率化を実現するか紹介する。

(2013/10/28)
計画

ビジネス目標を達成のためにどのようなIT投資をおこない、支出を適正化するのか。Rational Focal Pointはアプリケーション・ポートフォリオ管理の実践における問題を解決するソリューションだ。

(2013/10/28)
モバイル

ユーザーの期待に応えるモバイル・アプリケーションを効率的にデリバリーする方法とは。

(2013/10/28)

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2016年6月30日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

IBM Watson Summit 2016 〜 ようこそ、コグニティブの時代へ。
IBM ソフトウェアダイレクト

当サイトでご紹介しているソリューションに関する
お問い合わせ、相談窓口はこちら。

0120-550-210

受付時間:平日9:30〜17:30(12:00〜13:00を除く)

DevOpsを機能させる「シフト・レフト」の概念とは? 4つのポイントで解説
IBM DevOps
アジャイルを成功に導く、チーム開発の理想的なコラボレーション環境を可能に - Rational Team Concert