2015年05月26日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

仮想化やディザスタリカバリ、6つのシーン別導入事例

サーバ再構築やシステム基盤のクラウド移行、仮想化、ディザスタリカバリなど、データとシステムのバックアップやリカバリは企業にとって大きな課題だ。全てのWindowsシステムに対応したデータ保護とシステム移行機能を提供するツールの優位性を事例からひも解く。

[ITmedia]

 Windows環境のサーバ再構築、環境変化に応じたシステム基盤のクラウド移行、仮想化、ディザスタリカバリなどITプロジェクトの予算・工数を正確に管理し、管理者の負荷を軽減することは、企業にとっても経営課題の1つである。

 本資料は、新たな専用ソフトウェアをインストールすることなく、社内IT環境の全てのWindowsシステムのデータ保護、システム移行やディザスタリカバリを可能にするツールの解説資料だ。クリティカルな業務システム、重要データなどの完全なバックアップとリカバリを実現するツールの優位性を、「物理環境から仮想環境への移行」「マスターPCのバックアップで新しいPCをセットアップ」「不測のハードウェア障害の発生前にバックアップを作成」など6つのシーン別に解説。データの安全性と事業継続性の確保に課題を感じるIT担当者にはぜひ参考にしてもらいたい。

ホワイトペーパーをダウンロードする

提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部

【製品情報】
【ユーザー事例】
【無料体験版ダウンロード】