2015年05月26日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

事例:生産管理システムのP2V化と自動バックアップ環境構築に成功した日本のものづくりを支える金属加工業

ビジネス環境の変化に対応するため、従来の物理システムを仮想化するニーズが高まっている。業務システムの刷新を機に、リストア機能を活用してクリティカルなシステムのP2V化と自動バックアップに成功した製造業の事例をひも解く。

[ITmedia]

 ビジネス環境の変化に対応するための業務システム刷新を機に、オンプレミス環境に構築された従来の物理システムを、仮想化するニーズが高まっている。その際、クリティカルな業務システムやアプリケーション、重要データなどの完全なバックアップとリカバリを実現することは喫緊の課題だ。

 本資料は、高速イメージバックアップ、ディザスタリカバリ対策ソリューションの導入により生産管理システムの刷新と自動バックアップ環境の構築に成功した金属加工メーカーの事例が紹介されている。「リストア機能を活用した既存システムのP2V化」「サーバの入替えと生産管理システムの一新」により、製造業のクリティカルなシステムを丸ごと仮想化し、従来のシステムとの並行稼働を実現した事例は、情報システムサービスを提供するエンジニアや企業の情報システム部門のエンジニアに、ぜひ参考にしてもらいたい情報だ。

ホワイトペーパーをダウンロードする

提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部

【製品情報】
【ユーザー事例】
【無料体験版ダウンロード】