検索
特集/連載

クラウド版IBM Z「IBM Wazi as a Service」爆誕 誰が喜ぶのか?「IBM Wazi as a Service」「IBM Z and Cloud Modernization Stack」とは【前編】

「IBM Wazi as a Service」は、IBMのメインフレーム製品「IBM Z」の開発・テスト環境をクラウドサービスとして利用できるようにする。IBM Zのユーザー企業にどのようなメリットをもたらすのか。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 IBMは「メインフレーム製品のモダナイゼーション(最新化)」を進めている。この取り組みの一環として、同社はメインフレーム製品「IBM Z」の開発・テスト環境をクラウドサービスとして利用できるようにする「IBM Wazi as a Service」を2022年度下期に一般提供する。これを補完するのが「IBM Z and Cloud Modernization Stack」という製品群だ。IBM Z and Cloud Modernization Stackは、ユーザー企業がアプリケーションのモダナイゼーションを迅速に進められるようにする。

「IBM Zをクラウドサービスとして利用できる」ことの深い意味

 開発者はIBM Wazi as a Serviceを利用することで、メインフレームアプリケーションをクラウドインフラに構築してテストできるようになる。商用メインフレームソフトウェアを管理するために、専門スタッフを高額で雇う必要がなくなる。IBM Wazi as a Serviceはインフラとして、IBMのクラウドサービス群「IBM Cloud」を採用する。

 ユーザー企業はIBM Wazi as a Serviceによって、従量制課金でメインフレームを利用できる。使用量は自由に制御可能だ。利用するインフラを他のIBM Cloudインフラから論理的に分離させることで、メインフレームで仮想マシンを安全に実行することも可能だとIBMは説明する。

 IBM Z and Cloud Modernization Stackは、インフラの管理やアプリケーション開発の自動化や効率化を実現する。さまざまなインフラでのIBM Zの活用を推進するIBMの施設「IBM Z and Cloud Modernization Center」のスタッフが中心となって、IBM Z and Cloud Modernization Stackを提供する。

 「メインフレーム中心のインフラをモダナイゼーションするための、万能のアプローチはないというIBMの考え方が、これらの製品/サービスで示されている」。IBM Zハイブリッドクラウド部門のバイスプレジデントを務めるタルン・チョプラ氏は、こう語る。IBM Wazi as a ServiceとIBM Z and Cloud Modernization Stackによって開発者は「各インフラのセキュリティやレジリエンス(回復力)などの面で、より高度な技術を利用可能になる」とチョプラ氏は主張する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る