常識を覆す「超高速BI」は企業をどう変革するのか?

製造工程だけでなく、部材や原料の調達まで含めた品質管理。リアルタイムの需要予測。消費者の趣向が刻々と変化する中で、グローバルを相手に自社の成長を目指す企業にとって、これらの課題解決は急務だ。しかし、そう簡単には解決できない大きな理由の1つが、「BIのパフォーマンス」である。ビッグデータも含めて、これまで手を付けていなかったデータを一気通貫で可視化するには、既存のBIでは不可能と言わざるを得ない。それならば企業は今、これまでの常識を覆す圧倒的パフォーマンスを手に入れる必要がある。

Special Contents

なぜ分析の常識を変える超高速BIが必要か【製造業編】

グローバルで戦う株式会社○×製造は、急成長する海外競合企業に立ち向かうための「武器」を探していた。これまで縦割りで見てきた品質管理や調達管理を一気通貫で可視化する、超高速パフォーマンスBIとは?

(2013年2月13日)
なぜ分析の常識を変える超高速BIが必要か【流通業編】

国内に複数のホームセンターを展開する□△流通株式会社。同社はデータマイニングで行っていた需要予測の精度に問題を抱えていた。これまで週次で行っていた需要予測をリアルタイムで行うにはどうすればいいか。

(2013年2月13日)

関連記事

オラクルのビジネスアナリティクス・ソリューションの全貌

ビッグデータの登場は既存のBI/DWH製品では解決できない課題を浮き彫りにしている。その課題解決のために最新製品はどのような進化を遂げたのか。

(2012年8月31日)
BIアプライアンス「Oracle Exalytics In-Memory Machine」

既存BIのユーザー満足度が低い原因は、システムの各所に存在するボトルネックを解消できなかったことにある。現在の分析システムには、大規模データ処理と分析スピードの両立が求められている。

(2012年4月16日)
Oracle Database / Exadata Summitリポート

昨今BI/DWH分野で話題となっている「ビッグデータ」。これまでの分析対象、分析環境とは何が異なるのか。日本オラクルのイベントで語られたビッグデータの課題をまとめた。

(2011年11月9日)
長年のボトルネック「HDD」を解消するインメモリ

「Oracle TimesTen」は全てのデータをメモリに格納してアプリケーション層で動作するよう設計されたRDBMSだ。その高速化を実現するテクノロジーやメモリ構造、適した利用分野を解説する。

(2012年6月11日)
インメモリ技術がもたらすBI高速化

SAP HANAなどで注目を集めるインメモリアナリティクス。アナリストは、「購入前にインメモリアナリティクスツールの各カテゴリーがどのような目的に最適かを把握すべき」と指摘する。

(2012年6月18日)

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2013年4月12日

Copyright© 2020 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

関連セミナー情報

<現在セミナーの予定はありません>