2011年11月09日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Oracle Database / Exadata Summitリポートオラクルが示すビッグデータ活用の課題とは?

昨今BI/DWH分野で話題となっている「ビッグデータ」。これまでの分析対象、分析環境とは何が異なるのか。日本オラクルのイベントで語られたビッグデータの課題をまとめた。

[納富友三,TechTargetジャパン]

 日本オラクルは10月25日、「Oracle Database / Exadata Summit 〜オラクルのBig Data/In-Memory戦略」を都内で開催した。本イベントは、主に10月3日(米国時間)にサンフランシスコで開催された「Oracle Open World 2011」で話題となったビッグデータ関連のソリューションや事例を、国内にも紹介するものである。

 本稿では本イベントで、オラクルコーポレーション データベース・サーバテクノロジー担当 シニアバイスプレジデント データベース製品開発総責任者 アンディ・メンデルソン氏が登壇した基調講演の模様をリポートする。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。