2011年12月21日 15時24分 UPDATE
連載ミドル

ビッグデータのためのDWH基盤

「ビッグデータ」がバズワードとなった今、あらためてデータウェアハウス(DWH)に注目が集まっている。ビッグデータ時代に求められるDWH基盤の3つのアプローチを解説する。

[ITmedia]

記事一覧

ビッグデータのためのDWH基盤【第1回】

読めば分かる! ビッグデータのためのデータウェアハウス(DWH)とは?

BI/DWH分野でバズワードとなっている「ビッグデータ」。ビッグデータとはどのようなデータを指す言葉なのか。そしてビッグデータを格納するDWH製品の代表的な3つのアプローチを紹介する。


ビッグデータのためのDWH基盤【第2回】

NoSQLデータベースがビッグデータ対象のDWH基盤に適しているわけ

ビッグデータを取り扱うDWH基盤として注目を集めているNoSQLデータベース。NoSQLデータベースにおけるデータ保存形式の主流となっているKVSの特徴と、その代表例である「HBase」「Cassandra」のデータ構造を解説する。


ビッグデータのためのDWH基盤【第3回】

列単位格納でビッグデータの高速処理を実現するカラム型データベース

ビッグデータの高速処理基盤として注目されているカラム型データベース。代表製品は近年大手ベンダーが買収した製品が目立つ。カラム型データベースの特徴と、どのような場合に利用が適しているかを解説する。


ビッグデータのためのDWH基盤【第4回】

ビッグデータ対応のために進化するDWHアプライアンス

標準的なRDBMSとハードウェアレベルでの高速化技術を組み合わせることで、DWHのボトルネックを解消するDWHアプライアンス。ビッグデータ対応が注目を浴びる今、独自技術を採用する製品が登場している。


関連記事

エキスパートに聞く情報系システム導入の現状:DWH編

大量データの高速処理化が進むDWH、積極化するユーザー企業の投資意欲

先の見えない現在は、過去データの分析だけでは対処できない想定外の要素によって事業の推進が不可能になる場合がある。「今何が起こっているか」をいち早くとらえるために、DWH導入意識が高まっている。


まる分かりIT基礎解説「BI」

読めば分かる! BI(ビジネスインテリジェンス)ツールの種類と必要な機能

BIツールは大きく分けて4つの種類がある。本稿では各BIツールの種類を企業における意思決定プロセスにひも付けて解説するとともに、各ツールに求められる機能を紹介する。


Loading