2015年10月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

FlashはもういらないFlashはHTML5に役目を譲って勇退せよ

さまざまな企業が、Flash排除の動きを強化している。Flashの歴史を振り返りつつ、HTML5へリプレースすべき理由を明らかにする。

[Robin Nixon,Computer Weekly]
Computer Weekly

 「Flash」は、音声や映像といったマルチメディアコンテンツを制作・再生するニーズから生まれた。1990年代にマルチメディアCD-ROM/DVDのオーサリングツールとして広く普及した、米Macromedia(米Adobe Systemsが2005年に買収)の「Macromedia Director」の、より軽量な姉妹製品という位置付けだった。

Computer Weekly日本語版 10月21日号無料ダウンロード

17887.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 10月21日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 程なく、Webブラウザで動画や映像を再生するプラットフォームというニッチな市場を見いだし、米RealNetworksの「RealAudio」「RealVideo」などの競合製品を瞬く間に蹴散らしてデファクトスタンダードとなった。

 その後、動画投稿サイト「YouTube」の開発者たちが動画再生のプラットフォームとしてFlashを採用したところ、Flashがインストールされていないコンピュータを見つけるのが困難になるほどの爆発的な勢いで広範囲に普及した。

 ところが、そこまで圧倒的に普及したことがあだとなり、Flashの本来の特性である柔軟性がマルウェア開発者に狙われるようになった。攻撃者は次々と手口を巧妙化させてFlashのエクスプロイト(「抜け穴」ともいう)を使い、トロイの木馬やパスワード収集プログラムを仕込んだ。

 さらに困ったことに、Flashの開発は恐ろしく速いペースで進められていたせいか、使用中に突然クラッシュする事態への対策はなされなかった。そのため、Flashプラグインを組み込んだブラウザのロックダウンやクラッシュも発生するようになった。当然ながら、Adobeは脆弱(ぜいじゃく)性やバグの穴埋めに注力したが、対応は後手に回りがちで攻撃者の機先を制するには遠く及ばず、ブラウザの開発者もセキュリティ管理を強化していると弁明する事態となった。

 ついに、米AppleのCEO(当時)、スティーブ・ジョブズ氏が、「Thoughts on Flash」(Flashに関する見解)と題した有名な声明を自社Webサイトで発表するに至った。この声明の中でジョブズ氏は、Flashは閉鎖的でプロプライエタリなソフトウェアであり、技術的な欠点が多数含まれていると非難した。この声明はAdobeに対して向けられた、初めての明確な非難だった。Appleは2012年、Flashの潜在的なセキュリティリスクを理由に「iOS」でのサポートを完全に中止する決定を下した。その年のうちに「Android」もiOSに追随し、同じ理由でFlashを削除した。

 ただしAdobeもこうした動きに対応していた。ジョブズ氏が声明を出す1年前の2011年に、同社はHTML5への移行を準備中であり、モバイル版のFlashは廃止する意向だと発表していた。ただ、デスクトップ版についてはほとんど言及されなかった。

 しかし、事態は最近、再び決定的な局面を迎えた。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

60歳以上の趣味、最多は「パソコン・インターネット」で6割超
ビジネスパーソンのスマートフォン利用事情から女性のInstagram活用状況、運動会のお弁当...

news107.jpg

コムニコ、SNS投稿とアカウントを分析するクラウドツール「POST365」の提供を開始
コムニコは、国内主要1000ブランドのSNS投稿、アカウントを分析するためのクラウドツール...

news101.jpg

日本の消費者の94%が広告ブロックソフトの利用を検討、動画広告のアンルーリーが調査
動画SSPを提供するアンルーリーは、「動画広告の将来に関する調査」を実施。日本の消費者...