2018年06月17日 05時00分 公開
特集/連載

盗難対策や捜査当局によるロック解除にも有効Apple「iOS 12」、うわさのセキュリティ機能「USB制限モード」とは?

「USB Restricted Mode(USB制限モード)」がAppleのiOS 12でデビューする。この機能では、窃盗犯や捜査当局によるブルートフォース攻撃からユーザーを守る。

[Michael Heller,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iPhone | iOS | セキュリティ対策


新たなセキュリティ機能とは《クリックで拡大》

 AppleがiOSのβ版で公表していたセキュリティ機能が、正式にiOS 12に搭載される見通しとなった。この機能は、USB経由でロックを解除しようとする相手からデバイスを守る。

 USB制限モードはiOS 12の設定でオプションとして利用でき、「iPhoneがロックされてから1時間以上たったとき、USBアクセサリーで接続できるようにするためのiPhoneのアンロック」について、有効か無効かを選択できる。つまり、1時間の期限が経過した後にLightning経由でUSBアクセサリーを接続するためには、パスコードを入力してロックを解除しなければならなくなる。

 Appleが2018年6月4日に開いたWorldwide Developers Conference(WWDC)の基調講演では、USB制限モードには言及しなかった。しかし、同日リリースされた開発者向けのiOS 12プレビュー版には、この機能が搭載されていた。この設定はデフォルトで有効になっていて、 Touch IDやFace ID、パスコードなど、iOSのあらゆるセキュリティ機能を網羅している。

 専門家はUSB制限モードについて、端末が盗まれた場合にユーザーのデータを保護できると指摘する。だが同時に、GrayKeyやCellebriteといった企業のロック解除サービスを利用する捜査当局も阻止できる。Cellebriteは、米カリフォルニア州サンバーナディーノで起きた銃撃事件で、容疑者のiPhoneを米連邦捜査局(FBI)がロック解除する手助けをしたとうわさされている。

 USB制限モードについて当初行ったテストでは、1週間のタイムリミットが設定されていた。Motherboardが入手した内部の電子メールによれば、この機能がiOS 11.3のβ版で発覚した際には、GrayKeyが顧客に告知したと伝えられている。1時間しか期限がなければ、顧客が制限時間内にGrayKeyのような企業にデバイスを持ち込んで、ブルートフォースによる強制アクセスを試みることが実質的に不可能になる。

 Arxanの製品管理担当副社長ラスティ・カーター氏はUSB制限モードについて電子メールで取材に応え、「真にデバイスのセキュリティを高める措置」と解説し、次のように指摘している。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

RPAを活用した生産性向上サービス、メンバーズが提供開始
メンバーズは、RPAなどを活用してWebサイトの運用コストを最大50%削減する「生産性向上...

news059.jpg

「スマホなしで外出するよりも公共の場で服を着ない方がまし」が4分の1――カスペルスキー調べ
世界15カ国1万人超を対象にした意識調査で浮かび上がったインターネットユーザーの本音と...

news012.jpg

Criteo CEOが語る「フルファネル」「AI」「日本市場」
パフォーマンスマーケティング企業としてEC事業者を中心に支持されるCriteo。CEOに復帰し...