2018年10月04日 05時00分 公開
特集/連載

ビジネスへの応用の期待が高まる徐々に進化する量子コンピューティング IBMやGoogleは何を狙う?

技術ベンダーや技術ユーザーのおかげで、量子コンピュータのツールや研究が前進している。実用化はまだ先かもしれないが、この分野の開発は注目に値する。

[Jack Vaughan,TechTarget]
画像 注目される量子コンピュータ

 まだ研究段階にあるとはいえ、量子コンピュータの利用は、ビジネスリーダーが注目するところまできているようだ。

 機械学習とAI(人工知能)は、広い意味では今後の量子アプローチの素材になるとみられている。量子論で対応する最初の候補分野としては、化学シミュレーション、暗号、材料科学などが挙げられるだろう。本稿執筆時点の量子コンピュータの適応は、次のような状況にある。

量子コンピュータの利用状況

ITmedia マーケティング新着記事

news089.jpg

Fringe81田中 弦氏×ヘイ佐俣 奈緒子氏 強い組織はプロダクトマネジメント視点で作る
Web業界で注目される気鋭の起業家2人が、組織や働き方のこれからについて語り合った。

news020.jpg

無料のデジタルコンテンツが有料になったら中高生の8割は「他の無料コンテンツを探す」――MMD研究所調査
MMD研究所とテスティーは共同で、中高生のデジタルコンテンツの利用と消費に関する調査を...

news018.jpg

「辛ラーメン」は「カップヌードル」の2倍超、訪日中国人の食品認知率――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは「中国人の食品ブランド認知・購入状況調査」を実施しました。