2014年11月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

失敗が約束されたクラウド導入どうしてこうなった? 勘違い企業のクラウド失敗事例集

安易、無思慮にクラウドを導入するとどうなるのか? システムは複雑になり、コストが増大する。クラウドを“問題が何でも解決する魔法の薬”と勘違いした企業の無残な失敗の数々を紹介する。

[Archana Venkatraman,Computer Weekly]
Computer Weekly

 クラウドコンピューティングは企業のコスト削減やイノベーションを実現し、ビジネスの機敏性を高めるのに役立つ。だが、それは適切に導入した場合に限られる。「多くの組織はクラウドに対する戦略をきちんと立てていない」と英Ovumの主任アナリスト、ゲイリー・バーネット氏は警告する。

Computer Weekly日本語版 11月5日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 11月5日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


クラウド ナビ


 2014年9月4日、Westminster eForumのクラウドに関するセミナーで、同氏は「クラウドを高く評価しているが、クラウドは魔法ではない」と語った。「クラウドの導入によって複雑さやコストが増え、セキュリティが低下した例を幾つも見てきた」と同氏は話す。

IT環境の複雑さに関する失敗

 クラウドアプリケーションは、ほとんどの組織のインフラに存在する。だがバーネット氏よれば、既存のレガシーインフラを一掃していないため、結果として「IT環境に新たな層を重ねることになり、複雑さが増す」という。

 同氏はセミナーで、重要なCRMシステムで25万件を超えるレコードを扱っている大手企業顧客の例を紹介した。この企業は、作業効率を改善し、クラウドのメリットを生かすために、このCRMシステムをクラウドに移行した。

 「しかし、クラウド上のCRMを利用する営業部員はとても困っていた」とバーネット氏は言う。「データが使いものにならなかったからだ。同社はただ単にデータをクラウドに放り込んだにすぎなかった。その結果、クラウドの評判は最悪になった」

 クラウドに移行する前にデータをクリーンアップするようバーネット氏はアドバイスする。クラウドを“問題が何でも解決する魔法の薬”とは考えないことだ。「社内の乱雑さをそのまま社外に移してはいけない。データを事前にクリーンにしておくことだ」

クラウドのコストに関する失敗

 「クラウドには法外なコストが掛かる恐れがある」と、バーネット氏は話す。同氏は、米AmazonのAmazon Web Services(AWS)が提供するIaaSを導入した英ダブリンの企業を例に挙げた。「同社は、パブリッククラウドによってコストが抑えられるとだけ聞かされており、AWSに掛かるコストを約2000ドルと想定していた」

 ところが、AWSの初回請求が1万5000ドルであると知り、「がく然とした」という。

続きはComputer Weekly日本語版 11月5日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 10月22日号:次に市場から消えるのは誰?

Computer Weekly日本語版 10月8日号:進撃のBig Apple

Computer Weekly日本語版 9月17日号:Amazonはクラウド界のMicrosoftか


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...