2014年11月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

分社化でHPは再生するのか?HPの分社化をアナリストたちが総攻撃「HPは5年以内に立ち行かなくなる」

米HPが2社に分社化すると発表した。この施策は、これまで同社の企業再生計画の中で明言されていたものではなく、企業やコンシュ―マーがITを購入する方法が変わってきたことに対する、より現実的な対応だ。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 メグ・ホイットマン氏がHPのCEOに就任したのは2011年。当時の同氏は、前任者のレオ・アポテカー氏が提案していた(分社化の)方向に同社を導く決断を結局自ら下すことになるとは、予測していなかっただろう。

Computer Weekly日本語版 11月19日号無料ダウンロード

15555.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 11月19日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 アポテカー氏は、HPはPC事業から撤退してソフトウェアに注力すると決断した。同氏はその方針に従って70億ポンドを投じ、エンタープライズ向けのデータ解析サービスを所有していた英Autonomyを買収したことによって、CEOを解任された。それが3年前のことだ。そして今、ホイットマン氏がHPの分社化を実現しようとしている。

 2014年10月、HPは同社の既存事業を2社に分社化すると発表した。Hewlett-Packard Enterpriseは企業のITニーズに適応した、基盤となるテクノロジー、ソフトウェア、サービスのポートフォリオを提供する。一方HP Inc.は、個人向けシステムおよびプリンタ事業を展開する。

 これはリスクの高い戦略だ。2014年第2四半期、HPの個人向けシステム部門の売り上げは12%増だった。これに対してサービス部門は、アウトソーシング事業の売上額が35億ドルで前年比8%減、アプリケーションおよびビジネスサービス事業の売上額が21億ドルで前年比4%減だった。

 HPのソフトウェアおよびサービス部門は、PC部門に比べて苦戦している。それでもHPは今なお、世界的なトップメーカーであることは事実だ。PCマーケットシェアに関するGartnerの最新の調査結果によると、HPはヨーロッパのPC市場では20.5%のシェアを持つトップメーカーだ。また調査対象の四半期の売り上げも好調で、461万台を出荷した。

 「現在ハイテク業界では、顧客の世代交代によって多くの変化が起こっている。特にHPのように、従来ハードウェアと保守業務に注力した莫大なポートフォリオを抱えた企業では、この変化が顕著に現れる」と、米調査会社Forrester Researchでリサーチディレクターを務めるピーター・バリス氏は語る。「これからの企業は、業務で利用するテクノロジーを進化させるソフトウェアで、他社との差別化を図らなければならない」(バリス氏)

HPが抱える厳しい現実

 米調査会社のGartnerは、2013年のベンダー評価リポートで、HPについて次のように指摘していた。

続きはComputer Weekly日本語版 11月19日号にて

15555.gif

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 11月5日号:クラウドに失敗する企業の法則

Computer Weekly日本語版 10月22日号:次に市場から消えるのは誰?

Computer Weekly日本語版 10月8日号:進撃のBig Apple


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

DHC、中国向けに初の越境ECをスタート
中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」を運営するインアゴーラは、ディ...

news070.jpg

SSP「fluct」、動画広告DSP「ONE by AOL: Video」と連係開始
AOLプラットフォームズ・ジャパンは動画広告DSP「ONE by AOL: Video」とfluctのSSP「fluc...

news004.jpg

「無意識のウソ」を排除せよ――ユーザーの本音を引き出す定性調査の勘所
アンケートに代表される定量調査が「仮説証明型」であるのに対して、「仮説発見型」の方...