2017年10月18日 05時00分 公開
特集/連載

多少のデメリットを上回るメリット米国の遠隔医療事情、使いたくなるメリットと“一抹の懸念”

遠隔地に医療サービス提供を可能にする遠隔医療(テレヘルス)のシステムは、患者が24時間いつでもオンデマンドに医療サービスにアクセスできるメリットから、さまざまな医療機関での採用が始まっている。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 2017年8月上旬、米国退役軍人省は、遠隔医療のメリットを目に見える形にした最新の連邦政府機関となった。退役軍人省はホワイトハウスでの記者会見で、退役軍人が医療サービスを利用するのに同省の新しい予約システムと電子カルテのモバイルアプリがいかに役立っているかを示した。このことから、医療のアクセシビリティのような課題に遠隔医療を利用することへの関心が高いことが分かる。その結果として、多くの遠隔医療ベンダーが市場に参入している。そのターゲットは、開業医、病院、保険業者だ。だが、遠隔医療が患者の行動や予後に与え得る影響について懸念の声も挙がっている。

 病院や開業医は、コストを下げながらも患者数を増やす画期的な方法を見つけなければならないというプレッシャーにさらされている。そんな中で遠隔医療は、患者が来院する手間を減らし、患者を呼び込むチャンスとなる。だが、開業医、病院、保険業者のそれぞれにとって「遠隔医療」の意味は異なっており、それぞれが異なるメリットと潜在的懸念を認識している。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

企業の枠を超えてユーザー企業やパートナー企業がつながることの価値――ボストンで「INBOUND」を体験して
本連載では3回にわたり、HubSpotのカルチャーやインバウンドマーケティングの考えなどに...

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...