2018年02月01日 05時00分 公開
特集/連載

出発時刻、到着時刻を案内するだけではまだ足りないOracleのAPI連携でANAが目指す「到着のその先」とは

「Oracle Cloud」の「API Platform Cloud Service」を使うことで、ANAグループは顧客にどのような価値を提供しようとしているのか。今後目指す顧客目線での情報提供の在り方とは。ANAシステムズの話から探る。

[重森 大,著]

 日本オラクルが2017年12月に開催したイベント「Oracle CloudWorld Tokyo 2017」。クラウドやFinTech(金融とITの融合)などをテーマに数多くのセッションを展開し、参加者にとって自分の興味分野に照らしてOracleの最新情報が得られる網羅的なイベントとなっていた。「デジタルイノベーションを加速するために」と題した、全日本空輸(ANA)グループのシステム構築を担うANAシステムズの導入事例セッションでは、現在の最新情報だけではなく将来の可能性にまで話題が及んだ。Oracleのクラウドサービス群「Oracle Cloud」のAPI管理サービス「API Platform Cloud Service」を使うことで、顧客にどのようなベネフィットを提供しようとしているのか。そこに、ANAシステムズが考える顧客目線での情報提供の将来像が垣間見えた。

ANAが持つ情報を関連他社システムやデバイスと連携

日本オラクル 西川彰広氏 日本オラクル 西川彰広氏

 日本オラクルの西川彰広氏(CloudPlatformソリューション本部)は、企業ITは2つに分類できると紹介した。日々の業務を確実に遂行するためのITと、ブランド、差別化、市場をリードするためのITだ。前者がいわゆるSoR(Systems of Record)、後者がSoE(System of Engagement)に該当する。「これらを今風に言い換えると、オートメーションとオープンイノベーションということになるでしょう」(西川氏)

 別の切り口として、オンプレミスとクラウドというITの分け方もある。自社にとって重要なデータをオンプレミスで扱う企業は少なくない。その半面、オープンイノベーションを進めるには他社のシステムとも連携しやすいクラウドが優位になる。クラウドサービスとして提供されるマネージドサービスの多くは、標準でAPIを備えていることが多いためだ。オンプレミスや、オンプレミスとクラウドのハイブリッド型で業務システムを構築している場合にはAPIを自社で開発し、セキュリティを確保した上で他社システムと連携することになる。

 こうした自社開発の手間を削減するためにOracleが提供しているのが、Oracle API Platform Cloud Serviceだ。オンプレミス、クラウドを問わず安全性を確保してAPIを公開できるマネージドサービスで、セキュリティ機能も備える。ユーザー企業の既存システムに大きな改変を加えることなく、他社システムとの連携を可能にする。

 Oracle API Platform Cloud Serviceのユーザー企業の1社であるANAシステムズは、ANAやその提携航空各社の運航情報を管理している。同社はOracle API Platform Cloud Serviceを使って提携する航空各社のシステムを連携させた。ANAシステムズの上田晃裕氏は、「航空各社の運航情報をANAのWebサイトではなく、各航空会社のWebサイトで公開したいという要望があった」と述べる。

ANAシステムズ 上田晃裕氏 ANAシステムズ 上田晃裕氏

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...