2018年07月13日 05時00分 公開
特集/連載

現在のニーズに合わせるだけなら実は簡単アイデンティティー・アクセス管理システムを導入する前に知っておくべき 9つのポイント

IDとアクセス管理(IAM)を考える際、IT部門はさまざまな要素を考慮しなければならない。本稿では、IT担当者が自社に適切なIAMシステムを選択、導入する方法を検討する。

[Kristen Gloss,TechTarget]
画像 必要な要件を確認してみよう

 IT管理者がIAMツールを検討する場合、選択する機能や満たすべき要件が非常に多い。IAMを導入する前にチェックする項目を考えてみよう。

自分で調査する

 適切なIAMシステムを選択するには、その基盤をホストする場所を把握することが重要になる。IT部門は、IAMシステムをオンプレミスにも、クラウドサービスとしても導入できる。さらに、エンタープライズモビリティー管理(EMM)基盤に統合することもできる。

 ホストする場所を選択したら、次は必要なID管理サービスを判断する。シングルサインオン(SSO)を使用するかどうかを決め、多要素認証(MFA)などのユーザー認証手法を選択する。

 IT担当者はIAMツールを評価する際、そのツールの導入が自社に合っているかどうかを確認すべきだ。まず、自社のセキュリティポリシーやその他の要件とツールとの互換性をチェックする。さらに、IAM製品のポリシーと手続きについて従業員にトレーニングをする準備を整える。

考慮すべきIAM製品

ITmedia マーケティング新着記事

news006.jpg

「100年後も生き残ると思う日本企業」調査、トヨタとホンダが不動の1、2位――リスクモンスター調べ
リスクモンスターは「100年後も生き残ると思う日本企業」調査を実施しました。

news019.jpg

KDDIまとめてオフィスが3000万円のムダ打ちから学んだB2Bマーケティングの正攻法
全国の中小企業向け支援サービスを展開するKDDIまとめてオフィスは、過去のマーケティン...

news118.jpg

PR TIMES LIVE、「TechCrunch Tokyo 2018」のライブ配信を実施
2018年11月15、16日に開催される日本最大級のスタートアップ・テクノロジー の祭典「Tech...