2018年07月13日 05時00分 公開
特集/連載

現在のニーズに合わせるだけなら実は簡単アイデンティティー・アクセス管理システムを導入する前に知っておくべき 9つのポイント

IDとアクセス管理(IAM)を考える際、IT部門はさまざまな要素を考慮しなければならない。本稿では、IT担当者が自社に適切なIAMシステムを選択、導入する方法を検討する。

[Kristen Gloss,TechTarget]
画像 必要な要件を確認してみよう

 IT管理者がIAMツールを検討する場合、選択する機能や満たすべき要件が非常に多い。IAMを導入する前にチェックする項目を考えてみよう。

自分で調査する

 適切なIAMシステムを選択するには、その基盤をホストする場所を把握することが重要になる。IT部門は、IAMシステムをオンプレミスにも、クラウドサービスとしても導入できる。さらに、エンタープライズモビリティー管理(EMM)基盤に統合することもできる。

 ホストする場所を選択したら、次は必要なID管理サービスを判断する。シングルサインオン(SSO)を使用するかどうかを決め、多要素認証(MFA)などのユーザー認証手法を選択する。

 IT担当者はIAMツールを評価する際、そのツールの導入が自社に合っているかどうかを確認すべきだ。まず、自社のセキュリティポリシーやその他の要件とツールとの互換性をチェックする。さらに、IAM製品のポリシーと手続きについて従業員にトレーニングをする準備を整える。

考慮すべきIAM製品

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...