2008年04月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

SOAとSaaSスイート、導入検討のポイント【SOA編】業務部門とIT部門の協業を推進するSOAの考え方

ソフトウェアの機能をサービスと見立て、そのサービスをネットワーク上で連携させてシステム全体を構築するSOA。そもそもSOAとは何なのか、その利点、どういった場合に導入が向いているのかを解説する。

[織田新一,日本ティブコソフトウェア]

企業がIT基盤に求めるものは

 現在、企業のIT基盤に最も求められる要求とは何だろうか。それは、文字通り経営に役立ち、安く、そして早く提供される、いわば「業務に奉仕する基盤」である。そしてこれらがSOA(Service Oriented Architecture:サービス指向アーキテクチャ)に期待され、目指す目的である。

 しかし、ITの世界でこれらの目的が掲げられることは決して新しいことではない。では、SOAというシステムアーキテクチャは従来と何が異なるのだろうか。それは、経営や業務に直接携わる人間が、自分の望むビジネスプロセスを自ら設計・定義し、ITから提供される「サービス」を直接定義していくという点である。

SOAとSaaSの「サービス」の違い

 SOAではアプリケーションの機能を業務に必要な「サービス」という単位に分け、それを組み合わせて全体を構築するITの設計手法である。ここでまず、SOAでいう「サービス」について知っておく必要がある。

 最今注目を集めているアプリケーションの新しい利用形態であるSaaS(Software as a Service)でも「サービス」という言葉が使われており混同されがちだが、SaaSでいうサービスとSOAのサービスは根本的に意味が違う。SOAでいうサービスとは「部品」のことであり、SaaSとはベンダーが提供するアプリケーションの機能をユーザーがサービスとして利用するという意味である。

 SOAでいう「サービス=部品」は、例えば「受注処理サービス」や「在庫確認サービス」「住所変更サービス」「信用照会サービス」など、ビジネスプロセスで用いる言葉が使われ、一般に「ビジネスサービス」と呼ばれる。SOAのサービスは企業のITを構築する1つ1つの部品を意味し、それらはビジネスプロセスとの結び付きが強いことが特徴だ。

ビジネスプロセスを作る権限を業務部門に委譲する

 これまでのITプロジェクトを考えてみたい。業務部門はプロジェクトの過程において要件を提供する側であり、決してビジネスプロセスを作る側ではなかった。そのため、業務部門はITが分からない、IT部門は業務部門のニーズを引き出せないといった理由で発生するコミュニケーションエラーにより、最終的な成果物が結局経営や業務に役立たないという悲劇を繰り返してきた。そもそも、現代の企業で業務部門とIT部門がお互いのことを深く理解しようとするには、互いが複雑になり過ぎているのだ。それならば業務担当者が主体的に考えられるように範囲を限定し、ビジネスプロセスを作る権限を委譲すればよい。

 SOAでは、下図のように業務担当者は自らが定義するビジネスプロセスに必要なビジネスサービスを選択していく。ビジネスプロセスの変更は自ら実施でき、必要なビジネスサービスに変更があれば、その部分だけを変更することで対応できるようになる。

画像 業務部門が必要なビジネスサービスを選択する

 一方IT部門は、業務部門が望むビジネスサービスを異種環境のアプリケーションの機能から抽出して組み合わせ、複合アプリケーションとして業務部門に提供する。各機能がアプリケーションやプラットフォーム環境に依存しないよう、WebサービスやJMS(Java Message Service)といった標準方式で呼び出せるように構築し、各機能を組み合わせてアプリケーションを構築しやすい環境を作っていく。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

DACと博報堂アイ・スタジオがコンテンツマーケティング支援チームを組成
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと博報堂アイ・スタジオは、コンテンツマー...

news126.jpg

「楽天市場」に企業のブランドサイトを設置、楽天データマーケティングが「RMP-Brand Gateway」を提供開始
楽天データマーケティングは「楽天市場」において、企業がブランドサイトを設置できる広...

news131.jpg

広告配信のパフォーマンスを最大化する予算配分をAIで自動算出、サイバーエージェントがシステム提供
サイバーエージェントは、広告コンバージョン最大化を実現するAIシミュレーションシステ...