2010年06月01日 18時46分 UPDATE
連載ミドル

情報漏えい対策「DLP」製品紹介

機密情報を解析して社外への流出を防ぐ「Data Loss Prevention(DLP)」製品。近年では製品のブラッシュアップが続き、保護性能も高まってきている。本連載では、各社から提供されているDLP製品を紹介する。

[ITmedia]

連載一覧

マカフィー

エンドポイントからの情報漏えいを逃さない「McAfee Data Loss Prevention」

多くの情報漏えい事例が積み重なる中、有効対策の1つとして注目されるDLP。マカフィーは「データセントリックプロテクション」を掲げ、データの利用を妨げることなく、包括的に保護する機能を提供している。


RSAセキュリティ

大規模環境での効率的なデータ保護を実現する「RSA Data Loss Prevention Suite」

RSAセキュリティのDLPは、大規模なストレージでも高速なデータ検索を実現するスケーラビリティに優れた製品だ。マイクロソフトやシスコなど ITインフラを手掛ける企業と協業するなど、独自の戦略も持つ。


シマンテック

独自戦略で包括的なセキュリティ対策に対応する「Symantec Data Loss Prevention」

シマンテックのDLPは、情報主導型の包括的な保護に加え、ユーザーが必要とする機能から導入し段階的に機能拡張ができる柔軟性を持ち合わせている。ほかのスイート製品と組み合わせた統合的な運用管理も可能だ。


チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ

ユーザーのセキュリティ意識向上と、組織の実状に応じた運用環境を実現する「Check Point DLP」

DLPが最初に話題に上った当時の製品は、ユーザーにとって使いやすいとは言い難かった。技術的な進歩などでようやく実用的な機能が実装可能となった2010年、チェック・ポイントは同社初のDLPを発表。


トレンドマイクロ

情報漏えいをブロック! 導入の容易さも備えた「Trend Micro Data Loss Prevention」

LeakProofからDLPに名称変更したトレンドマイクロのDLPは、「漏えいを防止」「ユーザーに対する教育効果」を2本柱とし、中小企業でも導入しやすい価格設定や豊富なテンプレートを特徴とする。


ブルーコートシステムズ

きめ細やかなデータ保護管理と導入の容易さを兼ね備えた「Blue Coat Data Loss Prevention」

ネットワークベンダーとしての色彩が強いブルーコートからDLPがリリースされたことは、DLPの普及がいよいよ本格化したことの1つの表れだろう。同社のDLPはプロキシサーバと連携して強力な保護を実現する。

Loading