2010年09月10日 19時00分 UPDATE
連載ミドル

中堅・中小企業のためのIT投資羅針盤

中堅・中小企業にとって、IT投資対効果を最大化することは難しい課題。本連載では、投資の検討において見失いがちな「目的(=方向)」と「時期(=位置)」からIT投資のノウハウ(羅針盤)を提供しよう。

[ITmedia]

記事一覧

中堅・中小企業を導く「IT投資羅針盤」【第1回】

「目的」と「時間」からつかみ取るIT投資のベストプラクティス

中堅・中小企業がIT投資を検討するときに抜け落ちている視点がある。それは、投資における“方向”と“位置”を把握するということ。この2つを見いだすと、投資対効果は飛躍的に大きくなる。


中堅・中小企業を導く「IT投資羅針盤」【第2回】

IPテレフォニーは将来に向けての基盤作り

「目的(方向)」と「時期(位置)」からIT投資のノウハウ(羅針盤)を提供する本連載。今回は、コスト削減以外の投資効果が見えにくいIPテレフォニーへの投資や活用のポイントを明らかにする。


中堅・中小企業を導く「IT投資羅針盤」【第3回】

気付かなかった、サーバ仮想化の意外な導入効果

仮想化は、サーバ保有台数がそれほど多くない中堅・中小企業においても、活用あるいは導入検討が着実に進んでいる。だがサーバ仮想化の用途はさまざまであり、それに合わせて導入すべき時期も異なってくる。


中堅・中小企業を導く「IT投資羅針盤」【第4回】

Active Directoryで今すぐ始められるクライアントPC管理

Windows 7のリリースを機に、中堅・中小企業でもPCの刷新を始めている。そこで考えたいのが、クライアントPCの管理だ。OSの機能を使うだけで「ヒト」にひも付いた管理ができるようになる。


関連記事

実践! 中堅・中小企業のための賢いIT投資

長引く不況の中、「適正なIT投資」を的確に判断するのは難しい。本連載は中堅・中小企業がIT投資対効果を測定・最大化するための基準を、制度やサービスなどの点から探っていく。

Loading