2012年02月10日 11時00分 UPDATE
ニュース

NEWS圧縮・重複排除機能を搭載したバックアップストレージ デル

デルがデータ圧縮・重複排除技術が搭載したバックアップストレージを販売開始した。ZIP形式のような圧縮ファイルでも効率的なデータ削減効果があるという。

[TechTargetジャパン]

 デルは2月9日、バックアップストレージの新製品「Dell DR4000」(以下、DR4000)を販売開始した。DR4000には米Dellが2010年7月に買収したOcarina Networksのデータ圧縮・重複排除技術が搭載されている。

 DR4000は2Uのディスクベースのバックアップストレージ。インライン重複排除技術やファイルごとの圧縮アルゴリズム技術を採用し、ZIP形式のような処理が難しい圧縮ファイルに対しても高いデータ削減効果が期待できるという。

photo Dell DR4000

 また、DR4000にはバックアップの整合性を検証するデータ保護機能が組み込まれている。さらに不揮発性RAM(NVRAM)を搭載し、停電時にもデータを保護し、ハードウェア障害によるデータの破損などを検出する。その他、RAID 6構成をサポートし冗長性を確保している。

 DR4000は論理容量が35Tバイト、70Tバイト、130Tバイトの3モデルが用意されている。参考価格は156万円から(最小構成の場合)。また、レプリケーション機能、重複排除機能、圧縮機能などの全機能を追加ライセンス費用なしで利用できるという。

編注:2012年2月13日

本記事に関して、以下の製品情報を訂正させていただきました。

(訂正前)

DR4000は論理容量が40Tバイト、81Tバイト、135Tバイトの3モデルが用意されている。

(訂正後)

DR4000は論理容量が35Tバイト、70Tバイト、130Tバイトの3モデルが用意されている。


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...

news138.jpg

MAppsと野武士、オプトが共同で行動データ連携リサーチおよび改善サービスの試験提供を開始
マーケティングアプリケーションズと野武士、オプトは、Webサービスとスマートフォンアプ...