2014年07月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド「Heartbleed攻撃」の餌食となった企業の末路

2014年4月に発覚したOpenSSLの脆弱性「Heartbleed」。放置している企業もまだ多いというHeartbleedだが、それを悪用した不正ログインなどの被害が実際に起きている。実例を交えて、その実害を紹介する。

[ITmedia]
ik_tt_heart01.jpg クリックでダウンロードページへ

 OSSのSSL/TLSライブラリ「OpenSSL」。その脆弱性である「Heartbleed」は、SSL/TLSにおけるOpenSSLの普及度の高さも手伝い、Webに関わる多くの企業や組織に衝撃を与えた。既にユーザーデータへの不正アクセスや不正な削除といった実害も発生しており、もはや単なる「理論上危険なバグ」ではない。

 いまだに多くのWebサイトが放置しているというHeartbleed。その姿勢がどのような結果を招く可能性があるのかは、実際の被害例を見るのが手っ取り早い。本資料は、Heartbleedの実害についてまとめた、TechTargetジャパンの人気記事を再編集したものである。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...