2014年07月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド「Heartbleed攻撃」の餌食となった企業の末路

2014年4月に発覚したOpenSSLの脆弱性「Heartbleed」。放置している企業もまだ多いというHeartbleedだが、それを悪用した不正ログインなどの被害が実際に起きている。実例を交えて、その実害を紹介する。

[ITmedia]
ik_tt_heart01.jpg クリックでダウンロードページへ

 OSSのSSL/TLSライブラリ「OpenSSL」。その脆弱性である「Heartbleed」は、SSL/TLSにおけるOpenSSLの普及度の高さも手伝い、Webに関わる多くの企業や組織に衝撃を与えた。既にユーザーデータへの不正アクセスや不正な削除といった実害も発生しており、もはや単なる「理論上危険なバグ」ではない。

 いまだに多くのWebサイトが放置しているというHeartbleed。その姿勢がどのような結果を招く可能性があるのかは、実際の被害例を見るのが手っ取り早い。本資料は、Heartbleedの実害についてまとめた、TechTargetジャパンの人気記事を再編集したものである。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...