2014年05月16日 08時00分 公開
特集/連載

従業員が仕事でDropboxを利用? 管理者が取った意外な行動とはクラウドサービスを安全に利用できる仕組みを構築

従業員が自分の「Dropbox」や「Google Drive」のアカウントを業務でも使うことが大きな問題になりつつある。従業員が社外とのデータ共有にDropboxを使っていることを知った企業のある管理者が取った行動を紹介しよう。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

 IT管理者は現在、モバイルコンテンツ管理、ファイル共有、クラウドストレージに多様なアプローチを採用しており、1つで全てをこなせるような万能な方法はないのが現状だ。

 企業向けのモバイルソリューションとしては、例えば、米Citrix Systemsは「ShareFile」を提供し、米VMwareが最近買収した米AirWatchは「Secure Content Locker」を提供している。米Good Technologyは2012年に米Copiunを買収して製品ラインアップにモバイルファイル共有機能を追加しており、競合のEMMベンダーである米MobileIronはMCMソリューション「Docs@Work」を提供し、「AppConnect」プラットフォームで多くのアプリ開発者と提携している。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...