2015年04月23日 12時00分 UPDATE
特集/連載

スマートデバイス活用コストを再考する【後編】“金食い虫”のiPhone、Androidスマホを一掃する3つのヒント

スマートフォンやタブレットといったモバイル活用のTCO(総所有コスト)を最適化し、投資対効果を最大限に引き出すにはどうすべきか。そのヒントを3つ紹介する。

[Craig Mathias,TechTarget]
写真 戦略無きスマートデバイス導入は“無駄遣い”のそしりを免れない

 前編「『TCO』(総所有コスト)の本当の意味、正しく説明できますか?」では、企業のモバイル活用の総所有コスト(TCO)について解説。設備投資コスト(CAPEX)や設備維持コスト(OPEX)といった基礎事項の定義やその管理方法まで詳しく説明した。後編では、モバイル活用におけるTCOを最適化する3つのヒントを紹介する。

関連記事

news04.jpg

機能や用途を必要最小限に絞り込み、提供価格を抑えたモバイルデバイス管理(MDM)製品が充実してきた。1台当たり月額100円台もしくはそれ以下の価格で利用できる、主要な10種を紹介する。


TCO最適化を図るヒント

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

電通テックとトライベック・ストラテジー、「クイックデジマ」を共同で販売開始
デジタルマーケティング施策を実施する上で必要最低限の機能をパッケージ化し、低価格で...

news010.jpg

テレビ視聴に関するアンケート調査――スカパーJSAT
スカパーJSATは、全国の10〜60代の男女を対象に「テレビ視聴に関するアンケート調査」を...

news143.jpg

広告運用支援ツール「AdNote」がバージョンアップ 予算調整、カスタムレポート、分析の業務を自動化
ブレインパッドは、広告運用支援ツール「AdNote」のバージョンアップを発表した。