2015年11月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「ユニバーサルアプリ」の“隠し機能”を紹介「Windows 10」アプリの七変化 なぜPC、スマホ、タブレットでも動く?

Windows 10の共通プラットフォーム上で動く「ユニバーサルアプリ」。デバイスの画面サイズや解像度に合わせてUIを適応させるために、ユニバーサルWindowsプラットフォームには、開発者向けのさまざまな機能が用意されている。

[Robert Sheldon,TechTarget]
twitterのユニバーサルアプリ PCおよびタブレット版Windows 10向けの「Twitter」ユニバーサルアプリ《クリックで拡大》

 米Microsoftの「ユニバーサルWindowsプラットフォーム」(UWP)で開発されたアプリは、さまざまなデバイスで動作する。そのため、Windowsアプリを1つ開発すれば、そのアプリは同社の「Windows 10」を搭載したPC、モバイル端末、その他あらゆる端末で動作する。さらに、デスクトップPCの管理者も、各種プラットフォームで機能するアプリを1つ管理するだけで済む。

 UWPをベースにしたアプリは、ユニバーサルWindowsアプリと呼ばれ、各種端末で実行できる。だが、そのためにはdpiの密度や画面解像度といった、さまざまな環境要因にアプリが適応しなければならない。このような環境要因のバラつきに対応するため、UWPには一連の適応機能が用意されている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

日本アドバタイザーズ協会、広告業務全般における働き方改善を目指す取り組みを行うと発表
日本アドバタイザーズ協会は、広告業務に携わる人の働き方改善を目指す取り組みを行うと...

news064.jpg

ネット広告代理市場、2016年以降年平均16.4%の大幅な伸び──ミック経済研究所調査
ミック経済研究所の調査によるとネット広告代理市場の総市場規模は2016年度以降、年平均1...

news070.jpg

朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービスを提供開始
朝日広告社は、クラウドソーシングを活用した動画サービス「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を...