2017年06月13日 12時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドのWebサービス機能の進化IaaS展開の次の波を作る「サーバレス」、主要3社の動向を探る

IaaS市場が発展するにつれて、パブリッククラウドプロバイダーの間で巻き起こる次の競争の波は、価格ではなく、Webサービスとイベント処理関連のものになるだろう。

[Tom Nolle,TechTarget]

 パブリッククラウドには、新たなパラダイムが存在している。このパラダイムは、Infrastructure as a Service(IaaS)、Platform as a Service(PaaS)、Software as a Service(SaaS)の中で最良のものを組み合わせ、ベンダーとユーザーの両方にとってクラウドのビジネスケースの質を高めることを目的としている。この新たなパラダイムは、Webサービス(特にイベント駆動アプリケーション)を中心に展開し、今後のパブリッククラウド市場を形成することが予想される。

 IaaSはオンデマンドで仮想マシンを提供する。つまり、ユーザーが実行するアプリケーションに関係なく、基本的に誰にでもIaaSを販売できる。しかし、ユーザーの観点では、IaaSの影響があるのはサーバのコストだけで、企業は依然として自社でソフトウェアのプラットフォームとアプリケーションを保持しなくてはならない点は同じだ。つまりIaaSでは、ITの運用コストを大幅に削減することはできない。これは、最近まで、価格以外でIaaSプロバイダーが競争できる側面がなかったことも意味している。

 Amazon Web Services(Amazon)、Microsoft、Googleは、IaaSに機能を追加することで、ユーザーがパブリッククラウド特有の機能を使用するアプリケーションの作成をサポートしたり、他社との差別化を図ったりできることを認識している。これらの機能は、クラウドでホストされている機能のAPIで、プラットフォームサービスまたはWebサービスと呼ばれることもある。これらのAPIは、特にクラウド向けに作成された複雑なアプリケーションの開発と導入を簡略化する。これらのWebサービスは、PaaSのようにソフトウェア自体に書き込まれるが、ほとんどのPaaSと違って、特定のOSやミドルウェアに縛られることはない。ほぼ完全にアプリケーションとして機能するものもあり、SaaSの機能と近似している。

クラウドのWebサービス機能の進化

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...