2017年11月28日 05時00分 公開
特集/連載

新たなWebブラウザを理解するIEからMicrosoft Edgeへ、乗り換えを急かすMicrosoftの“あの手この手”

「Microsoft Edge」は「Cortana」と連携し、拡張機能のライブラリを充実することにより、Windows 10ユーザーを取り込むことを目指している。

[Priyanka Ketkar,TechTarget]
「Microsoft Edge」のWebサイト《クリックで拡大》

 Microsoftは「Internet Explorer」(IE)をWindows 10のデフォルトのWebブラウザである「Microsoft Edge」で置き換えたい意向だ。

 MicrosoftはC++で記述したレイアウトエンジンであるEdgeHTMLを利用して、Edgeを動作の軽いWebブラウザに設計した。Edgeは、生産性やセキュリティ向上のための機能を幾つか提供しているが、企業がMicrosoft Edgeを採用する場合に、レガシーアプリの互換性が問題になり得る。

生産性向上に関する機能

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

DACと博報堂アイ・スタジオがコンテンツマーケティング支援チームを組成
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと博報堂アイ・スタジオは、コンテンツマー...

news126.jpg

「楽天市場」に企業のブランドサイトを設置、楽天データマーケティングが「RMP-Brand Gateway」を提供開始
楽天データマーケティングは「楽天市場」において、企業がブランドサイトを設置できる広...

news131.jpg

広告配信のパフォーマンスを最大化する予算配分をAIで自動算出、サイバーエージェントがシステム提供
サイバーエージェントは、広告コンバージョン最大化を実現するAIシミュレーションシステ...