2017年11月28日 05時00分 公開
特集/連載

新たなWebブラウザを理解するIEからMicrosoft Edgeへ、乗り換えを急かすMicrosoftの“あの手この手”

「Microsoft Edge」は「Cortana」と連携し、拡張機能のライブラリを充実することにより、Windows 10ユーザーを取り込むことを目指している。

[Priyanka Ketkar,TechTarget]
「Microsoft Edge」のWebサイト《クリックで拡大》

 Microsoftは「Internet Explorer」(IE)をWindows 10のデフォルトのWebブラウザである「Microsoft Edge」で置き換えたい意向だ。

 MicrosoftはC++で記述したレイアウトエンジンであるEdgeHTMLを利用して、Edgeを動作の軽いWebブラウザに設計した。Edgeは、生産性やセキュリティ向上のための機能を幾つか提供しているが、企業がMicrosoft Edgeを採用する場合に、レガシーアプリの互換性が問題になり得る。

生産性向上に関する機能

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

今どきシニア、半数が帰省してくる子や孫の交通費を負担――あおぞら銀行調べ
あおぞら銀行は、55〜74歳の男女約2000人を対象に「シニアのリアル調査」を実施し、結果...

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。