2017年03月03日 08時00分 UPDATE
特集/連載

レガシーアプリ対応か、新機能かWindows 10では結局、IEとEdgeのどちらを使うべきか?

バージョン11より前の「Internet Explorer」のサポートが終了し、新ブラウザ「Microsoft Edge」の採用が広がりつつある。移行前に確認すべきEdgeと「IE 11」の機能を紹介する。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
Microsoft Edgeの公式Webページ《クリックで拡大》

 大半のエンドユーザーはWebブラウザ無しでは何もできない。Microsoftは「Windows 10」に搭載する2つのWebブラウザに幾つか変更を加えている。企業は移行前に最新事情を確認しておくとよいだろう。

 まず押さえておくべきは、「Internet Explorer」(以下IE)は今や、Windows 10の新しいデフォルトWebブラウザ「Microsoft Edge」(以下Edge)の補助的な位置付けにあるということだ。Edgeは新しい機能やツールを幾つか搭載するので、IT管理者やエンドユーザーは使い慣れる必要がある。さらにMicrosoftは、バージョン11より前のIEのサポートを終了している。

アプリケーションが古いバージョンのIEを必要とする場合

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

2018年の還暦人(かんれきびと)の価値観、赤いちゃんちゃんこは7割が「遠慮したい」――PGF生命調べ
人生100年時代に還暦(満60歳)を迎える人々の価値観とはどのようなものでしょうか。

news122.jpg

ブロックチェーン技術をマーケティングキャンペーンに活用――キャセイパシフィックグループとアクセンチュア
キャセイパシフィックグループは、アクセンチュアと協力してブロックチェーン技術を活用...

news088.jpg

毎日放送とNTTレゾナント、電話口で話した内容をそのままラジオ広告として出稿するシステムの実証実験を開始
毎日放送とNTTレゾナントは、ラジオへの広告出稿を電話で受け付ける実証実験を開始した。