2015年08月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

豊富なセキュリティ機能をレビュー“危険なIE”にさようなら 新ブラウザ「Microsoft Edge」は“究極の安全”実現か (1/2)

Windowsの新たな標準ブラウザ「Microsoft Edge」は、「Internet Explorer」での経験を教訓に、豊富なセキュリティ機能が実装されている。詳しく説明しよう。

[Michael Cobb,TechTarget]
画像 Microsoft Edgeは、IEと比べてセキュリティ機能が強化されている(画面はMicrosoft Edgeの公式サイト)《クリックで拡大》

 1995年のリリース以来、米Microsoftの「Internet Explorer」(以下、IE)は最も広く使用されてきたWebブラウザだ。にもかかわらず、セキュリティ業界からの評判は必ずしも芳しくない。

 IEの登場初期の数バージョンは、さまざまな攻撃に対して明らかに脆弱だった。MicrosoftはIEの改良とセキュリティ機能の追加を続け、バージョンアップごとにこうした攻撃に対処してきた。

 だがIEに関する数年にわたるセキュリティ問題と失敗を経て、Microsoftはついに大きな決断を下し、「Microsoft Edge」をIEの後継にした。最新OS「Windows 10」では互換性の問題を考慮し、「IE 11」も依然として利用可能にしているものの、Microsoft EdgeをWindows 10のクライアントPC版、スマートフォン版、タブレット版におけるデフォルトのWebブラウザにしている。

Microsoft Edgeのセキュリティ機能

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結...

news082.jpg

マーケティングオートメーションツール「SATORI」でWebプッシュ通知が利用可能に
SATORIはWebプッシュ通知ツール「pushcrew」の国内展開を行うアッションはSATORIとpushcr...

news071.png

「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」がスマートフォン...