2015年05月24日 09時00分 公開
特集/連載

Microsoftの新ブラウザ「Edge」を先取りレビュー、“最強ブラウザ”の片りんを見た「Internet Explorer」とはどこが違う?

「Internet Explorer」の後継として開発が進められるWebブラウザ「Microsoft Edge」。その開発版を試用すると、荒削りながらも“特別な存在”となり得る可能性が感じ取れる。

[Jamison Cush,TechTarget]
画面 Windows 10プレビュー版で動作するMicrosoft Edge《クリックで拡大》

 米Microsoftの次世代Webブラウザ「Microsoft Edge」(開発版の名称は「Project Spartan」。本稿ではMicrosoft Edgeに統一)はまだ未完成であり、動かなくて当然の段階だ。まだバグだらけな上、端末を1台、次期OS「Windows 10」のプレビュー版のいけにえにする勇気のある人しか試せない。

 そのWindows 10自体、テスト用に使ったタブレット「Dell Venue 8 Pro」ではほとんど動かず、Microsoft Edgeについても初期ビルドを見てみる以上のことは期待できなかった(Dell Venue 8 Proについては「徹底レビュー: Officeも付いて3万円台、格安Windows 8.1タブレット『Dell Venue 8 Pro』の性能は?」を参照)。それでも、このプレビューからは「Google Chrome」「Mozilla Firefox」「Safari」など他の人気ブラウザのライバルとしてのMicrosoft Edgeの可能性がうかがえる。

関連記事

脆弱性が度々報告される「Internet Explorer」(IE)は本当に危険なWebブラウザか。セキュリティの研究者は「IEのセキュリティレベルは他のブラウザと同程度か、それ以上だ」と話す。


「軽量ブラウザ」なMicrosoft Edge

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...