2015年05月24日 09時00分 公開
特集/連載

Microsoftの新ブラウザ「Edge」を先取りレビュー、“最強ブラウザ”の片りんを見た「Internet Explorer」とはどこが違う?

「Internet Explorer」の後継として開発が進められるWebブラウザ「Microsoft Edge」。その開発版を試用すると、荒削りながらも“特別な存在”となり得る可能性が感じ取れる。

[Jamison Cush,TechTarget]
画面 Windows 10プレビュー版で動作するMicrosoft Edge《クリックで拡大》

 米Microsoftの次世代Webブラウザ「Microsoft Edge」(開発版の名称は「Project Spartan」。本稿ではMicrosoft Edgeに統一)はまだ未完成であり、動かなくて当然の段階だ。まだバグだらけな上、端末を1台、次期OS「Windows 10」のプレビュー版のいけにえにする勇気のある人しか試せない。

 そのWindows 10自体、テスト用に使ったタブレット「Dell Venue 8 Pro」ではほとんど動かず、Microsoft Edgeについても初期ビルドを見てみる以上のことは期待できなかった(Dell Venue 8 Proについては「徹底レビュー: Officeも付いて3万円台、格安Windows 8.1タブレット『Dell Venue 8 Pro』の性能は?」を参照)。それでも、このプレビューからは「Google Chrome」「Mozilla Firefox」「Safari」など他の人気ブラウザのライバルとしてのMicrosoft Edgeの可能性がうかがえる。

関連記事

脆弱性が度々報告される「Internet Explorer」(IE)は本当に危険なWebブラウザか。セキュリティの研究者は「IEのセキュリティレベルは他のブラウザと同程度か、それ以上だ」と話す。


「軽量ブラウザ」なMicrosoft Edge

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...

news157.jpg

自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に実施した意識調査第2弾。